Search

検索したいワードを入力してください

交通刑務所がある場所一覧・生活と刑期の目安・体験談

初回公開日:2018年02月20日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

車を運転する者は、いつ何時交通事故の加害者になってしまうかは誰にもわかりません。万が一受刑者になったら何処の交通刑務所に収容されるのか、何年間服役しなければならないのか、刑務所内での生活は、といったさまざまな疑問の解決の糸口となれば幸いです。

交通刑務所がある場所一覧・生活と刑期の目安・体験談

交通刑務所がある場所一覧

交通刑務所とは、交通事故や悪質な道路交通法違反のように交通に関して犯罪が確定し、懲役刑または禁固刑などの判決を受けた者が収容される施設です。しかし、交通事故や道路交通法違反が必ず交通刑務所収容とは限りません。事故状況や過失の度合いによっては、一般刑務所への収容のケースもあります。

交通刑務所は、開放的な環境や自由度が高いなど、一般刑務所とは受刑者の処遇が異なります。また、一般刑務所と違って、交通刑務所は全国で2ヶ所のみとなります。

交通刑務所の所在地

全国の交通刑務所は、千葉県の市原刑務所と兵庫県の加古川刑務所の2ヶ所になります。市原刑務所は交通違反者を専門に受け入れる施設で、加古川刑務所は交通違反者だけでなく、刑期が短い一般受刑者も収容されています。

それぞれの刑務所について、詳しく紹介しましょう。

刑務所名住所
市原刑務所 千葉県市原市磯ヶ谷11-11
加古川刑務所 兵庫県加古川市加古川町大野1530

市原刑務所

交通刑務所がある場所一覧・生活と刑期の目安・体験談
※画像はイメージです

市原刑務所は、千葉県の市原市にあり男性受刑者のみを収容する交通刑務所です。禁固刑が確定された者、執行刑期が10年未満で犯罪傾向が進んでいない者を収容しています。

この交通刑務所は、一部を除き鉄格子や高いフェンスなどがなく、開放的処遇が実施されています。 また、年に一度の矯正展と刑務所内見学のイベントが催されます。

項目内容
名称市原刑務所
収容定員約463名
刑務作業自営、金属、職業訓練など
指導教育学、心理学、精神医学その他さまざまな指導
特別改善指導交通安全指導、被害者視点の教育、就労支援指導
交通安全教室交通関係法令、安全運転に関する基本的な知識修得

加古川刑務所

交通刑務所がある場所一覧・生活と刑期の目安・体験談
※画像はイメージです

加古川刑務所は、兵庫県加古川市にあり男性、女性両方の受刑者を収容する交通刑務所です。禁固刑が確定した者、執行刑期が10年未満で犯罪傾向が進んでいない者、および女子受刑者を収容しています。刑務所内は、女子受刑者を収容するための女区、交通事犯受刑者を収容するための交通区、一般受刑者が収容される区に分けられています。

項目内容
名称加古川刑務所
収容定員約1,281人
職業訓練自営、金属、職業訓練など
指導社会生活に適応や生活態度修得への指導
特別改善指導交通安全指導、被害者視点を取り入れた教育、勤労支援指導、薬物依存離脱指導
教科教育補修教科指導など

交通刑務所での生活

交通刑務所の受刑者は、一般受刑者に比べて犯罪傾向が進んでいないため開放的な処遇が施され、自由な雰囲気が漂っています。

その理由として、一般の受刑者の場合は故意による犯罪が多く、再犯性が高いのに対して交通事故犯は、突発的な事故によるものが多く再犯性が低いことが要因としてあるでしょう。

交通刑務所に収容される受刑者

前項でも記載しましたが、交通事故や悪質な道路交通法違反により実刑判決が下った者が収容されています。具体的には、死亡事故や飲酒運転、ひき逃げ、無免許運転の繰り返しなどが上げられます。

一般的に知られているのが、業務上過失致死罪や危険運転致死罪です。また、刑務所によっては一般の受刑者も収容される場合があります。

一般刑務所より比較的自由

交通刑務所では、一般の刑務所と違い鉄格子や高い塀はなく、開放的処遇がなされています。また、刑期が進んで残りの刑期が少なくなったり、模範的な行動をしている場合は、いろんな面で優遇されています。交通事故は偶然起こってしまう事が多く、一般の犯罪に比べて再犯率が低いとされているため、待遇や環境が他の刑務所と比べて緩やかになっています。

一般の刑務所では、行動が規制され自由がほとんどありませんが、交通刑務所では自律した生活の重点を置いています。また、残り刑期が少なく問題を起こさない模範囚には房に鍵はなく、自由に出入りすることも可能です。

交通刑務所内では、一般刑務所と同じ刑務作業、加えて交通安全や法令に関する指導、断酒についての指導など、交通安全に関する指導や教育が重点的に行われます。

一日のタイムスケジュール

平日は、6時30分に起床です。身支度を整えて、7時からの点呼を受けた後7時30分までに、朝食などを終わらせて刑務作業に備えます。朝食後、月曜日から金曜日までは刑務所内の工場などに出向き、それぞれに刑務作業を行います。昼食は工場内の食堂で済ませます。午後になると、教育や指導と刑務作業が再開され、16時30分が終業時間となります。

作業終了後、舎房へ戻り、17時から夕食と入浴を済ませます。入浴は週2回あり時間は15分程度と決められています。その後、消灯の21時までは余暇時間を過ごします。ただし、禁固刑で収容された者は条件が異なります。禁固刑者については、労働義務が発生しません。したがって、刑務作業はありません。

時間内容
6:30起床、朝食
7:50移動、刑務作業開始
10:00休憩
10:05刑務作業開始
12:00昼食、休憩
12:30就業
14:55休憩
15:00刑務作業開始
16:30刑務作業終了
17:00夕食、入浴、余暇時間
21:00消灯

交通刑務所では鉄格子もない

交通刑務所に収容される交通事故犯は、脱獄や再犯が少ないとの観点から必要最小限の拘束に留めているのがほとんどです。一般的に、監獄と言われるようなイメージはなく、部屋には鍵がついていません。交通刑務所では、施設の事を寮と呼んでいて自由な環境を意識しています。

刑務所内の娯楽

交通刑務所では、自由時間に娯楽を楽しむことができます。主な娯楽は、テレビ観賞や読書、囲碁や将棋がありそれぞれ好きなことができます。優良受刑者に対しては、定期的な映画鑑賞会なども開かれます。また、運動会、カラオケ大会やコンサートなどのイベントも随時開催されます。

交通刑務所の4つの教育段階

交通刑務所は、4段階の教育方針で行われています。最初は、独房内で鍵を掛けられた環境で過ごし、除々に自由度が増していきます。この段階と連動して、生活する寮も分けられています。

1段階は新入寮

2段階は準開放寮

3段階は開放寮

4段階は希望寮

入所したての頃は、新入寮で鍵をかけられた環境で過ごします。徐々に、鉄格子がなくなり出入りが自由となるのは、3段階の開放寮からです。ただし、問題行動を起こしたりすると1段階からやり直しとなります。.

交通刑務所内で仮免許も取得

交通刑務所で仮免許を取得できる。意外に思われる方もおられるでしょう。でも、そのとおりなんです。重大事故を起こして交通刑務所に収容されている受刑者は、免許証が剥奪されている場合がほどんどです。そのため、希望すれば刑務所内に設けられた教習コースで仮免許までは取得することができます。

刑務所の食事はまずくない?

交通刑務所に限らず、刑務所のメシはまずいとのイメージがありますが、そんなにまずい事はないように言われます。

交通刑務所内の、作業や運動量を考慮し、栄養価やカロリーも計算した食事メニューを組み立てています。味も、昔に比べたら随分良くなったと好評です。また、病気予防の面から、塩分の控えめやバランスにも気を配っています。

主食は麦メシかパンですが、人によって量が違います。刑務作業の種類や身長によって分類ががあります。刑務作業による分類は次のとおりです。

A食、立ち作業2600kcal/日

B食、座り作業2300kcal/日

C食、昼夜舎房2200kcal/日

身長による分類は次のとおりです。各区分で、主食が増量となり、おかずは一緒です。

特、180cm以上

特々、185cm以上

特々特、190cm以上

最近では、ケーキやフルーツなどの嗜好品もたまに提供されます。

交通刑務所の刑期の目安

死亡事故

過失によって、交通死亡事故を起こしてしまったとしても、現状では懲役刑になる可能性は少ないです。人身事故の9割以上は罰金刑で、懲役や禁固刑を受けたとしても裁判では、7割が執行猶予となり残りの3割が実刑となっていると言われます。

例外として、被害者から厳罰を望む趣旨の上申書が出された場合はこの限りではありません。

交通刑務所に収容されるのは

過失による交通死亡事故などは、実刑になる可能性は低いのですが、故意の人をひいた場合、ひき逃げや度重なる無免許運転や飲酒運転による事故など悪質な事故を引き起こした場合は、実刑判決が言い渡されることが多いです。

特に最近では、飲酒運転事故による実刑が多く懲役20年と言う重い刑になることもあります。この場合は、交通刑務所ではなく一般刑務所への収容ケースが多く見られます。

前科がある

前科にもさまざまな状況があります。罰金刑から執行猶予それから実刑といろんな幅があります。前科が罰金による場合は、刑期への影響はほとんどありませんが、執行猶予の前科で猶予期間内の場合は、猶予期間が取り消されてさらに、事故などの刑罰がプラスとなるので実刑は免れないでしょう。

弁護士などによると、執行猶予期間中の車の運転はできるだけ控えるよう指導しているのはこの点にあるのでしょう。さらに、過去に実刑の前科がある場合は、量刑判断で当然加味されるのは間違いないでしょう。

前科とは刑務所に入った時だけ?

前科とは、死亡事故などで逮捕、裁判、罰金または執行猶予が確定した場合のいずれも前科となります。罰金刑にしろ執行猶予のどちらでも、前科何犯と記録されています。

世間で、執行猶予の刑が確定した後、猶予期間が過ぎると前科が消えると言う噂がありますが、そんな事はありません。猶予期間が終了しても、前科は必ず残ります。

すべての人が交通刑務所に収容されない

最初の章でご紹介しましたように、交通刑務所として存在するのは全国で2ヶ所だけです。そのため、服役の条件によっては一般の刑務所に収容されることも珍しくはありません。

もちろん、個人の意見や要求を聞いてもらえる事はありません。また、年齢が20歳から25歳ぐらいまでは、少年刑務所への収容もあります。

交通刑務所の体験談

飲酒運転や無免許運転、死亡ひき逃げなど、悪質な違反を犯した人が収容されるのが交通刑務所です。

この章では、交通事犯の刑務所体験談をご紹介しましょう。

刑務所入所の時

交通刑務所前に到着して、受刑者がまず驚くのが軽く乗り越えられる低いフェンスです。これには、ほとんどの受刑者が驚きます。刑務所と言えば、高い塀に囲まれたイメージがありますが、交通刑務所はそのような事はありません。

刑務官から促され、入り口から入り身体検査が行われる部屋に入ります。身体検査では、身長、体重はもちろんの体の隅々まで検査が行われます。

続いて行われる、領地調べがあります。受刑者の所持品の検査の事です。交通刑務所に持ち込める物と持ち込めない物を区分けを行います。原則として、刑務所内で購入できる日用品以外は持ち込めません。所持金はすべて、刑務所で管理されます。

番号割り当て

身体測定と領置調べが終わると、称呼番号が受刑者に割り当てられる。称呼番号は、交通刑務所内で受刑者を識別するための番号のことです。交通刑務所内では、苗字で呼ばれるので同姓の受刑者を区別するために使用されている。称呼番号は、3桁の数字で刑罰や刑期で区別するようになっています。

称呼番号の言い渡しが終わると、今後の受刑生活を送る単独室への移動となる。単独室は3畳程の広さで、トイレと洗面所が完備されている。大きい窓には、鉄格子はなく窓の外の景色がみえます。

交通刑務所で、最も規律が厳しいのが単独室です。刑務所に収容されたばかりの者に、規律が厳しく監視が厳しい部屋に入れられ、規律などを覚えさせる狙いがあります。しかし、一般の刑務所に比べればかなり自由度が高いと刑務官より説明を受けます。

刑務官よりの指導、官物貸与

単独室担当の刑務官より、刑務所内規則などの説明、指導を受けます。一日のスケジュールや刑務作業の概要などの説明も合わせて行われる。

その後、官物の貸与が実施されます。官物とは、国から支給、貸与されるもので、刑務所内で必要な物品の事です。刑務作業中に着る工場着や石鹸、歯ブラシ、下着などの日用品がこれに該当します。

受刑生活の始まり

交通刑務所入所日の検査や手続きも終わり、翌日からいよいよ長い受刑生活が始りました。起床から始る毎日のスケジュールどおりの工程となります。そして、すぐに始るのが刑務作業です。交通刑務所での刑務作業は自営、金属、農業、その他、職業訓練の5つに分かれます。刑務作業内容は次のとおりです。

1.自営刑務作業は、受刑者食事のため炊事と受刑者衣服の洗濯

2.金属刑務作業は、配線器具などの組立、加工、バリ取り、検査などの作業

3.農業刑務作業は、青物野菜、草花野菜と出荷、椎茸栽培

4.その他刑務作業は、紙製品、プラスチック、ビニール製品の加工製造、分解分別のリサイクル作業

5.職業訓練は、自動車整備科、溶接科、ビル設備管理科、情報処理科、電気設備科、工芸科

交通刑務所の朝

交通刑務所の朝は、起床が6時と比較的早いです。しかし、夜の消灯が21時で、睡眠時間は8時間以上十分あるので目覚めは苦にはなりません。時間管理が厳しく設定されていますので、起床後、洗面や身支度を整えて、朝食を取る準備を行います。

刑務所での朝食

交通刑務所の朝食は、栄養バランスを考えた健康的な食事です。ご飯は麦メシかパンでカロリーや病気予防を考えた、塩分少な目の料理です。たまには、フルーツやケーキなどのデザートも支給されます。お正月には、おせち料理も登場します。健康的な食生活を基本とした受刑環境が提供されています。

交通刑務所は面会可能か

交通刑務所での面会と聞くと、部屋の中が透明な板で仕切られていて、それを挟んで受刑者と面会するのが、ドラマのシーンで目にしますが、実際に交通刑務所に行かれた方はあまりおられないのではないでしょうか。

この章では、交通刑務所での面会について詳しくご紹介しましょう。

刑務所で面会できる人

交通刑務所に行けば、すべての人が受刑者と面会できる訳ではなりません。面会できる人はいろんな条件で限定されています。以下の条件に該当していれば、決められた条件や時間内で面会ができます。

1.受刑者の親族

2.受刑者の会社の人など仕事い関係する人

3.受刑者が社会復帰するために面会を必要とする人

4.受刑者と面会する必要があって、刑務所が面会を認めた人

なお、面会可能な人については「刑事収容施設および被収容者などの処遇に関する法律第111条」に定められています。

(面会の相手方)
第百十一条 刑事施設の長は、受刑者(未決拘禁者としての地位を有するものを除く。以下この目において同じ。)に対し、次に掲げる者から面会の申出があったときは、第百四十八条第三項又は次節の規定により禁止される場合を除き、これを許すものとする。
一 受刑者の親族
二 婚姻関係の調整、訴訟の遂行、事業の維持その他の受刑者の身分上、法律上又は業務上の重大な利害に係る用務の処理のため面会することが必要な者
三 受刑者の更生保護に関係のある者、受刑者の釈放後にこれを雇用しようとする者その他の面会により受刑者の改善更生に資すると認められる者
2 刑事施設の長は、受刑者に対し、前項各号に掲げる者以外の者から面会の申出があった場合において、その者との交友関係の維持その他面会することを必要とする事情があり、かつ、面会により、刑事施設の規律及び秩序を害する結果を生じ、又は受刑者の矯正処遇の適切な実施に支障を生ずるおそれがないと認めるときは、これを許すことができる。

出典: http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/... |

刑務所で面会を行う方法は

直接交通刑務所へ出向かれても構いません。交通刑務所に着いたら、まず面会手続きを行います。各刑務所には、面会の窓口がありますので面会に出向いたことを担当者に伝えて下さい。

面会を申し込む際には、身分証明書の提示や受刑者との関係や面会の目的などの質問を受けます。その他、交通刑務所職員の指示に従います。

面会できる曜日や時間の制限は?

面会の曜日は原則的に、土曜、日曜、祝日を除く平日となっています。面会可能時間は、午前8時30分から午後4時までが多いです。また、年末年始は面会ができない交通刑務所がありますので気をつけて下さい。詳しくは、各刑務所へ直接お尋ねください。

受刑者に差し入れは可能か?

交通刑務所での面会時に、直接受刑者に差し入れをすることはできません。事前に、刑務所の差し入れ窓口での申し込みが必要となります。その場合にも、さまざまな制限がありますので注意しましょう。

具体的に、差し入れ不可の物は、刑務所外から持ち込む食べ物すべてです。それ以外は、基本的に刑務所の売店で購入した物であれば可能です。売店では、菓子や缶詰などの食料品、雑誌、石鹸、洗面用品、ペン、消しゴム、ノートなどの筆記用具などです。また、各刑務所で細かい物品に違いがありますので、事前に問い合わせでください。

面会回数の制限は

受刑者の親族などであれば、可能な限り何度でも面会したいのではないでしょうか。

面会回数にも、制限が施されています。まず、受刑者は、最低月に2回の面会が保障されています。それとは別に、優遇区分が指定されている受刑者は、それぞれの区分毎に面会回数が決められています。

優遇区分とは、受刑者の生活改善意欲を喚起する目的で設けられている制度です。日常生活態度や作業への取り組み状況などを刑務所側が判断して設定されます。区分は第1類から第5類まであり、最高で月7回までの面会が可能となります。

子供や乳幼児との面会

子供や赤ちゃんを面会に連れて行き、受刑者と面会させることは可能です。しかし、事前に受刑者と打ち合わせを行い相談されることをお勧めします。いざ、子供たちと面会する時に受刑者が精神的に不安定になったりする場合があるためです。

実際は、子供に心配をさせないために同席させないケースがほとんどです。

刑務所での面会は弁護士に依頼できる?

再審請求の委任を受けている弁護士との面会は、認められています。受刑者の親族などから、依頼を受けて弁護士だけでの面会も可能ですし、親族などと同席での面会も許されています。

面会室はどんな部屋?

面会室は、テレビや映画の1シーンにあるような状況と変わりありません。アクリル板やガラスの仕切り越しで、刑務官立会いの元で行われます。例外として、受刑者の区分により仕切りのない部屋での面会も行われています。交通刑務所の生活で、塀の外の世界と隔離されている事を一番自覚する場所ではないでしょうか。

安全運転について考えてみよう

交通刑務所の場所や刑務所内の生活をご紹介しましたが、いかがでしょうか。交通刑務所内での生活は、私達には想像もつきません。交通刑務所内の生活は、鉄格子や鍵がなく一般刑務所よりも自由な環境が提供されています。とはいっても、交通刑務所に入るような事故や違反は多くの人達を悲しませたり、苦しめたりしていることを忘れてはいけません。

誰もが、車を運転する場合は自らが加害者になることもあるという自覚を持って常に安全運転に心がける事が必要ではないでしょうか。皆さんも、今一度自分の運転を振り返って見てください。長い間、運転を続けていると慣れやおごりで、免許取立ての頃の謙虚さが減少しているのではないでしょうか。

その積み重ねが、大きな事故などに結びつく可能性が大きいからです。この機会に、安全運転について真剣に考えてみましょう。そのことが、被害者や加害者を出さないことに繋がるのではないでしょうか。

Related