Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】ルーフテントと中古の注意点・自作方法

更新日:2020年08月29日

キャンプ好きの人の中でひそかに話題になっているルーフテントの記事です。ルーフテントとは何かなら始まり、ルーフテントのお勧めのブランドについて書いてあります。キャンピングカーを買うお金はないけれど、ルーフテントカーなら手が届きそうとうい方に読んで貰いたいです。

【特徴別】ルーフテントと中古の注意点・自作方法

ルーフテントとは

ルーフテントとは、車の上部に取り付ける形の移動式のテントです。テントを組み立てれば、一般的なテントと同様に車の屋根の上にあるテントに早変わりします。一般的には、レジャーや旅の道具として知られていますが、最近は災害時にも使えると徐々にが高まっています。

急な災害などで非難しなければいけない時に、自分の車の上で寝られる事は、安心できます。さらに、大人が足を延ばして寝れるくらいの広さがあります。なので、エコノミー症候群にもりません。あまり知られていない、ルーフテントの魅力を紹介します。

キャンピングカーで家族で旅をしたいが、キャンピングカーを買うと100万円位はします。さらに、時々しかいかないキャンプにそんなお金をかけられないと言う方も多いです。そんな時にお勧めなのが、ルーフテントになります。費用を抑えられ、なおかつ本格的なキャンプ気分を味わえます。

ルーフテントの使い方

ルーフテントは、車の上に乗せるに乗せて移動します。普段は、車の屋根の上に乗って居て、必要な時にテントを張ります。現在は、技術の発展によりクランクアップ式のルーフテントも発売されていて、1人でテントの組み立てが簡単にできるようになって居ます。

さらに、多くのルーフテントには、クッションが内蔵されています。なので、車の屋根の上で寝ているにも関わらず、自分の家で寝ているような快適な空間を楽しめます。ルーフテントは、組み立ててしまえば、一般的なテントと何も変わりはありません。

注意点

ルーフテントを車に取り付ける際に気を付けなければならないのは、車の車高です。実際の車の車高車+ルーフキャリアの高さ+ルーフテントの高さこれが車高になります。この車高が高くなることにより、以前はすんなりと止められていた立体駐車場に車が止められなくなってしまうこともあります。

では、使う時だけ着けて使わない時は外せばいいと考えたかたも居ますが、ルーフテントの設置は、一般的には業者の方に設置を頼みます。このため、事あるごとに着脱をしているとその分費用がかさみます。したがって、ルーフテントを頻繁に着脱することは考えない方が良いでしょう。

ルーフテントを購入する際は、車高がどれくらいになるのか。実際に確認してから購入することをお勧めします。

ルーフテントの種類

ルーフテントと言っても、さまざまな種類があります。今回は、ルーフテントを種類別に紹介します。さらに、種類別の特徴と利点も合わせて紹介します。

シェルタイプ

シェルタイプのルーフテントは名前のとおり、形がシェルの形になって居ます。シェルタイプの利点は開閉が簡単です。そして、なによりダンパーを使った開け閉めが簡単で、テントの後ろからも出入りができます。このため、お子様連れの方や大人数での宿泊に向いて居ます。

クランクアップタイプ

タワー型は、車の屋根に取り付けるタイプです。タワー型は、天井高がしっかりしていて、広々過ごすことができます。テントの中には、クッションが付属してあります。ルーフテントの中では、とても快適です。さらには、クランクアップ式であれば、1人でもテントを立てられます。

大人数での宿泊に適しています。さらに、クッション性がしっかりしているので、車の上にいながらも快適なキャンプをする事ができます。

テント型

テント型のルーフテントの安定感はすごいです。家族連れで行くのであれば、テント型のルーフテントがいいでしょう。なぜならば、ルーフテントの下でそのままバーバキューをする事も可能です。寒い冬や、暑い夏には風よけや、日陰になってくれます。キャンプで疲れた時には、車の上にテントが張ってあるので、そこに行けばすぐに休めます。

テントの中は、クッションが付属しているので、まるで家で寝たような体感を味わえます。さらに、キャンプだけでなく、万が一災害にあった際にも非常用のテントとしても使用できます。車の中で、圧迫されることなく快適なテント生活を過ごせます。

特徴別お勧めのルーフテント

ルーフテントは、キャンピングカーよりは安いとは言いますが、それでも新品で購入する場合は、少なくとも20万~30万はかかります。夏のひと時のためにそんな大金をかけられないと言う方に、方法があるので紹介して行きます。

格安

一番格安で、ルーフテントを手に入れる方法は、中古のルーフテントを購入するか、自分でルーフテントを作ってしまう事です。自分でルーフテントを作るなんて無理と考えた方も多いです。ですが、DIYが得意であれば、自分で作る事も可能です。もちろん手作りでつくると、材料費だけですむので、費用削減になります。

通常、テントは安いのであれば、7000円前後で購入が可能です。安いテントを購入し、L字フックでテントと車を固定します。このねじが取れないように固定すれば完璧です。

さらに、テントの下には、寝床となる板やアルミをしきます。見た目は、かっこよくはないですが、立派なルーフテントの完成です。このように費用をどうしても抑えたい方には、自分で作るのがお勧めです。

軽自動車

ルーフテントは、どの車種にも取り付け可能です。あなたの軽自動車の上にも取り付ける事が可能になって居ます。あなたの愛車が、キャンピングカー代わりになります。自分の愛車の天井にルーフテントを取り付けるのであれば、12万円台でテントと取り付けが可能になって居ます。

何百万もするキャンピングカーは変えなくても、10数万でたくさんの思い出を作れていろいろなところに行けるとしたら、最高です。

万が一の災害の際にもルーフテントは大活躍するので、持って居て間違いないです。さらには、車好きの間で写真をとりインスタグラムにアップするのが流行っています。写真を取って、インスタグラムに上げて友達に自慢してみてはどうでしょうか。

さらに、軽自動車の上ににルーフテントを付けるのも費用が比較的抑えられる方法となっています。軽トラの荷台の部分がそのまま寝床になるので、大人2人は足を延ばして就寝することが可能です。

輸入

ルーフテントの扱っているブランドはの多くは、欧米のブランドで、外国から輸入して日本に来ます。つまり、ルーフテントの価格には、輸入費と発送費が含まれた値段になっています。そのため、もちろん海外で買ったほうが送料などもかからないので安くなります。

このため、どうしてもコストを削減したいかたは、自分自身で個人輸入してしまえば、日本で売っている値段よりも安く手に入れる事ができます。

もちろん、海外のサイトを使用するのである程度の英語力は必要となりますが、もし英語ができないけれど、個人輸入したいってかたは翻訳機能などを活用する事もお勧めします。会社もビジネスなので、手数料が含まれています。ですが、英語ができるだけで、個人輸入で安くルーフテントを購入することが可能です。

もし、海外のブランドでお気に入りのルーフテントが見つかったら、個人輸入もすこし頭の片隅に入れておいてください。

ルーフテントの自作方法

ルーフテントカーはキャンピングカーより断然安いですが、値段は安くはありません。しかし、どうしてもルーフテントカーでキャンプに行きたいと言う方は自作ルーフテントという道もあります。ルーフキャリアを作って、その上にテントを乗せるという方法で、30,000円くらいから作れます。

ルーフテントの制作費計30,000円弱でルーフテント作成できます。建築用のアルミ製の足場板で土台を作り、上にテントを載せるというシンプルな構造です。これならコストも抑えて、家族みんなでキャンプに行けます。購入するよりも、自作でつくるルーフテントは思い出が深く、良いキャンプができるでしょう。

ジムニーにルーフテント

ジムニーは山やアウトドアーに強い車です。そして、乗車人数も多いので、家族や友人とキャンプに行く際には大活躍します。ジムニーにお勧めのルーフテントは、車の上部にそのまま取り付ける、テント型がお勧めです。なぜならば、ジムニーは車高があるので、いつもとは違う高さのある所から景色を見る事ができます。ジムニーの車上からみる夜空は綺麗に違いないです。

さらに、テント型はテントの安定感がありながら、快適に過ごせます。中の作りがしっかりした居て、家よりもルーフテントの方が、寝やすいなんてかたもいらっしゃいます。大人が十分に足を延ばせて寝返りも打てるスペースがあります。車の座席を倒して寝るよりも断然に快適な生活が可能です。

ですが、夏は蚊よけのスプレーなどをしていた方がいいでしょう。さらに、ルーフテントカーは風とおりを感じる事ができるので、普段より安らかに眠れます。

ルーフテント

日本には、あまりなじみのないルーフテントですが、欧米では、週末に家族でキャンプも当たり前に行われています。そのため、多くのブランドが、海外から来たものですが、日本にも有名なルーフテントで有名なブランドがいくつかあります。そのブランドごとの特徴と値段を合わせて紹介していきます。

一部のメーカや会社では、代行輸入や平行輸入している会社もあります。

コロンブス

アウトドアの会社で有名なコロンブスからも、ルーフテントが発売されています。大きさは、3つありカップルサイズ、ミディアムサイズ、ファミリーサイズの3展開になっています。大きさについては下記の表を参考にして下さい。

コロンブスはスタイリッシュなデザインです、デザイン性と技術的配慮を凝らし、材料・部品から安全性、断熱性に至るまで、あらゆる点について十分な検討とテストを経ていますので、耐久性が高い全天候型製品です。コロンブス独自のダンパー機構の採用により、楽々テントを展開することができます。

コロンブスはいい旅のパートナーになるでしょう。さらに、コロンブスのルーフマットは、ワンタッチ式でオープンできます。後部のロックを外して、片手で軽く押し上げると、テントは開きますので、女性一人でも簡単にテントを設置でき、閉じる際にも、女性でも簡単にしまう事が可能になっているので、女子旅にもお勧めです

収納時高 展開時高 重量 容積
カップルcm 30cm 150約52 Kg約196 l
ミディアムcm 30cm 150約57 Kg約220 l
ファミリーcm 30cm 160約64 Kg約260 l

スカイキャンプ

DISCOVER から、Skycamp(スカイキャンプ)という名前の、ルーフテントが販売されています。この、スカイキャンプは、わずか一分でルーフテントの組み立てが可能なものになっています。Skycampの組み立てはとても簡単です。車の屋根の上に設置されたSkycampを開け、ハシゴを引き出すだけで簡単に広げることができるので、か弱い女性一人でも簡単に開閉できます。

同様に片づけも、組み立て作業を巻き戻す要領でハシゴをしまえば簡単に閉じる事が可能になります。一人の作業で1分もかからず、キャンプの初心者でも安心して楽しめます。Skycampの大きさについては下記の表を参考してください。

Skycampのルーフテントは、どの車にも対応可能です。いつも利用している愛車が簡単にキャンピングカーがわりになります。

格納時展開時マットレス梯子
スタンダード138 X 218 X 32cm210 x 218 x110cm210 x 190 x 3 cm211cm
ロング138 X 218 X 32cm210 x 218 x110cm210 x 190 x 3 cm239cm
エクストラロング138 X 218 X 32cm210 x 218 x110cm210 x 190 x 3 cm268cm

ルーフテントの値段の目安

ルーフテントの事が気になって居るかたも多いのではないでしょうか。そんな方のために、ルーフテントの中古品の値段の相場と、新品の値段の相場を紹介していきます。中古を買う際には、商品がしっかり使えるかどうかを買う前に確認することをお勧めします。

新品 オーバーランダーテント ルーフテント

Smittybilt のオーバーランダーテント ルーフテント 197,990円です。新品のルーフテントの相場は、20万円から38万円位です。そのなかでも、あなたがルーフテントに何を求めるかによって値段は変わってきます。このブランドでなければ嫌だと言うものがなければ、値段が安いのを選ぶのがいいでしょう。

値段が安くても、十分に必要な機能は付属しています。ですが、ルーフテントの許容人数は、テントやブランドによって変わってくるので、購入する前にお店の方に確認した方が良いでしょう。買ってから後悔なんて事が無いように、下調べをしてから行くとよいでしょう。

ルーフテントを買う際に、ルーフテントを付ける車の大きさを確認することをおお勧めします。車高が問題になってきます。ルーフテントを取り付けた後に、立体駐車場止められないとなっても遅いので、慈善に確認しましょう。

中古

ルーフテントの中古価格は、だいたい新品のルーフテントの半額が相場になっています。なので、10万から16万円位が相場の値段です。ですが、日本でルーフテントをつかっている人自体少ないので、中古品が市場にででいるかというと、そんなに多くはまりません。なので、もし、中古品のルーフテントを見つけれたのであれば、購入を考えた方が良いでしょう。

ルーフテントは、まだまだマイナーですが、現在は車にルーフテントがもとから付属してある車もあります。ルーフテントの購入を検討されている方は、そちらも調べてみてはいかがでしょうか。ルーフテントを使用するだけで、普段とは違う経験を味わう事ができます。ぜひ家族でルーフテントを使用して旅しましょう。

ルーフテントの中古の注意点

ルーフテントを中古で買う際は、実際に見てから決める事をお勧めします。インターネットが普及し、インターネット上でなんでも購入可能になって居ますが、ルーフテントは安い物でもありません。

もし、車に取り付けた後に、車高が高すぎて立体駐車場などに駐車できなくなってしまい、ルーフテント買うんじゃなかった。なんて後悔をしないためにも、ルーフテントを買う際は、自分の目で見て取り付ける車の高さも十分に考慮したうえで購入しましょう。

ルーフテントは、車の外に取り付ける物です。場合によっては社内よりも寒く感じます。目的や用途に合わせて、ルーフテントの記事感もきっちりチェックしましょう。中古に限りませんが、部品が壊れている場合もあるのでくまなく確認することです。

さらに、中古品に保証はついているのか、故障した際のアフターケアはどうなっているのか。こういった事を購入する前に、確認しましょう。

ルーフテントを利用して快適な旅をしよう

日本では、まだ知られていないルーフテントですが、キャンプ好きや旅人には凄くがあります。宿屋やホテルに泊まるのも良いですが、ルーフテントを使いもっと自然を感じてみてはどうでしょうか。一生に一度の人生のなかの大切な思い出になるに違いありません。

車で社内泊するよりもルーフテントを使用した方が、体にも負担がかかりません。家族みんなで、夏の長期休暇を利用してルーフテントでキャンプをして、夜は星をみるなんてロマンチックで良いです。ぜひ、一度ルーフテント使ってみたください。

初回公開日:2018年02月20日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related