Search

検索したいワードを入力してください

日本でヒッチハイクをする割合と男女別ヒッチハイクのコツ

更新日:2020年08月29日

ヒッチハイクとはそしてヒッチハイクの仕方や持ち物。ヒッチハイクの際にお勧めな鞄と財布。ヒッチハイクは禁止されているのか。ヒッチハイクのメリットについても書いてあります。さらには、ヒッチハイクの際にあると便利なアプリについても書いてあります。

日本でヒッチハイクをする割合と男女別ヒッチハイクのコツ

ヒッチハイクとは

ヒッチハイクとは、とおりすがりの自動車に止まってもらい、無料で自動車に乗せてもらう事、そして、ヒッチハイクをしている人達をヒッチハイカーと呼びます。

日本でヒッチハイクをする割合

海外の映画でよく見る何もない土地で親指を立て止まった車に乗せてもらう、これがヒッチハイクのイメージです。ですが、日本ではまだまだヒッチハイクをして旅をしている人は少ないです。そして、圧倒的に男性のヒッチハイカーが多いです。男女比率は7:3です。

男女別ヒッチハイクのコツ

単にヒッチハイクと言ってもどのようにしてヒッチハイクをするかは、個人の方法によって違いますが、同性同士でヒッチハイクする方が成功の確率は上がります。カップルでヒッチハイクをするのはなるべく避けましょう。

男の子どうしの2人組か女の子どうしの2人組が良いでしょう。なぜ2人組なのかというと1人だと危険な目に可能性があります。特に女性が一人でヒッチハイクをする事は、お勧めしません。(できないわけではないですが、危険度が増します。)

そして3人になるとなかなか乗せてもらえる確率が低くなります。なぜならば、車はヒッチハイカーを乗せようとして運転しているわけではないです。一人一人に目的があります。なので一番いいのが同性同士で2人組のペアですることでしょう。

男子編ヒッチハイクのコツ

インターチェンジなどでヒッチハイクをする際に男性ヒッチハイカーが一番乗せてもらいやすいのがやはり、同性のドライバーの方です。もしインターチェンジなどでヒッチハイクをする予定であれば、男性は同性のドライバーに声をかけましょう。その次に乗せてもらいやすいのが、女性のペアドライバーです。

そして、声をかける時は笑顔でそして簡単な自己紹介となぜヒッチハイクをしているか。さらに目的地を手短に伝えましょう。そして、車のナンバーを見て行き先を伝えるのも効果的です。

多くのドライバーがインターチェンジなどでする事は、トイレ休憩と簡単な食事ですなので、休憩に行った後の車に戻る際に話をかけるのが良いです。

方向が間違っていないか気を付けて

最後に、男女関係ないですがヒッチハイクをする際は行き先の方向が合っているか(多くのヒッチハイカーが必ず一回は方向を間違います)そして加速地帯で無い場所、さらには、十分に止まれる距離がある場所に立ってヒッチハイクしましょう。

女子編ヒッチハイクのコツ

女性がヒッチハイクをする時の第一条件は、安全です。ヒッチハイクは見ず知らずの人に車に乗せてもらい、目的地まで連れて行ってもらいます。車の中は密室です。何が起こってもおかしくはありません。もし、車が止まってくれたとしても怪しいと思ったら断る事も大切です。ヒッチハイクを楽しむ前に安全が第一だという事を忘れないようにしましょう。

2つめは同性のペアでする事です。1人だと怪しまれたりすることもあります。

3つめ車が止まりやすい所に立ってヒッチハイクをし、インターチェンジの前や、信号の手前、近くに駐車場がある所です。

4つめインターチェンジなどでヒッチハイクをする場合は、男性の2人組のペアを捕まえるのが一番効率的です。

5つめは、なぜヒッチハイクをしているか伝えると乗せてもらえる確率はあがります。

笑顔でヒッチハイクしよう

何より一番大切なのが、笑顔で愛想を良くする事です。ドライバーの方からすると見ず知らずの人を車に乗せるわけなので、怪しい人はもちろん乗せたくありません。ですので、自分は怪しい人ではないですよとアピールするために笑顔は必須です。最後に、車のナンバーを見て行き先にあう場所の人に直接声をかけるのも効果的です。

ヒッチハイクは違法なのか

ヒッチハイクは日本国内では合法ですそして、日本国内では完全に取り締まる法律はありません。ただ、駐停車禁止の場所などだと道交法違反になります。

ヒッチハイクそのものより、こういった観点で取り締まりにあう可能性は充分にあります。ですが、ヒッチハイカーを乗せてお金を取る事は違法とされています。なぜならば、自動車に人を乗せてお金を取る際には2種免許が必要です。(タクシーやバスなどのように)

トラックのナンバー

そして、ヒッチハイクをしている途中でトラックの運転手に乗せてもらう事もあります。ですが、ナンバーが緑色の会社は、乗せてもらえません。乗せてもらえる可能性があるのは、白いナンバーです。

ですが、トラックのを管理する会社は年々厳しくなっています。「運送会社」の社内規定(内部規則)でヒッチハイク(ヒッチハイカーを車に乗せるのが)「禁止」はあります。

これは、万一の事故などの時に「保険」の関係で、ヒッチハイカーへの保証が無理なのと、ヒッチハイカーが原因で、運行に支障が出て「損害」が発生した場合本人特定が難しい上に、損害賠償を請求しても支払能力に問題=運転手負担(最悪:運送会社負担)になるためです。

ヒッチハイクが禁止されている場所もある

そして、日本国内では禁止されていませんが、アメリカ国内ではヒッチハイクが州によって禁止されている場所があります。

これは、ヒッチハイクによる事件が多発したために被害者を増やさないように禁止されています。そして、海外でヒッチハイクをする際は危険が伴いますので十分気を付けてヒッチハイクをして下さい。

ヒッチハイクのときにカバン

ヒッチハイクでは、移動が多くなります。そのため両手が空くリュックサックやバックパックでするのが良いでしょう。移動距離が多い場合は、なるべく荷物を減らしましょう。長時間リュックを背負い移動するのは、思った以上に体に負担がかかります。

ニクソンのリュックサック LANDLOCK III

大要領でありながら、PCケースが背中の部分についていてクッションも着いているので、旅やハイキングなどに良いです。そして、記事が頑丈で少しの雨なら中にPCや電化製品が入っていても問題ないです。

しっかりしてて普段使いしています。
耐久性も問題なさそう。たくさんはいります。

商品が届くのがとても早い。
通学用に購入しましたが、充分な大きさ、機能、ポケットも多いです。
特に不備もなく、1万越えのバックに少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

出典: https://www.amazon.co.jp |

THE NORTH FACE VAULT(ヴォルト)

シンプルなフォルムと内装が魅力のバックパックでメインコンパートメントには15インチまでのPC収納スペースを設け、前面ポケットには小物類が収納できる多機能ポケット付きです。普段使いからアウトドアまで幅広く使えてとっても便利です。

何より、ノースフェイスはアウトドア用に作られているので、走ったり山を登るさいに体にフィットするので疲れにくいです。

今まで細かいポケットのないリュックを使っていましたが小物がリュックの中でどこにあるかわからなくなるので不便でした。こちらは前面のファスナーを開けたところに細かい仕切りがあるので小物が迷子にならず便利です。他のコメントにもありましたが自立しないので使いづらいと思う方もいるかもしれません。でもカッコ良さといい仕切りといい満足です。

荷物がとても入って使いやすい。
ポケットも沢山あってとても便利

出典: https://www.amazon.co.jp/ |

MR.YLLS

外部にUSB ポートが接続されています。ですので、移動中にもポケットバッテリーを差し込んでおけば、コンセントが無くても充電が可能です。さらにこのリュックは防水になっているので、思わぬ雨などにも対応してくれます。

ヒッチハイク中にPCや携帯電話を持ち歩くと思うのですが、リュックに防水機能が付いているのは安心です。

外国へ旅行することのため、このリュックを購入しました。

リュックが軽くて丈夫な感じです。グレーと黒混ぜている色が好きになりました。ポケットが多いですから、メガネケースや携帯、パスポートなどそれぞれのポケットに分けて入れられます。とても便利です。

リュックの片側にUSBポートが付いています。よく確認すると、モバイルバッテリーをリュックに入れまして、このUSBポートの向こう側に接続します。こうしたら、スマホを手持ちでも充電可能になります。とても便利な機能だと思います。

飛行機に持ち込むことができました。常用品と着替えの服をいっぱい入れって、想像以上の収納力で満足しました。

今まで二週間ほどしか使用していないですが、よくないところがまだ見つけませんでした。耐用性もまだわからないですが、生地や縫製が良い感じですから、きっと耐用性も悪くないと思います

出典: https://www.amazon.co.jp%E3%80%80 |

財布

ヒッチハイクなどでは何が起こるか分かりません。ですので、高級なブランドの財布よりも安い財布で軽い物がお勧めです。万が一盗まれても良いやと思える財布を使いましょう。

<地球の歩き方オリジナル トラベルスマートウォレット ブラック>

盗難防止用のチェーンが着いています。そして、カードケースがありパスモやスイカを入れられます。そして小銭入れが使いやすい作りになって居るのと、コンパクトで軽いのがお勧めです。

ベトナム旅行用に購入しましたが、コンパクトで使いやすいので、今は常用しています。
この財布に入れているのは、クレジットカード1枚、運転免許証、保険証、1万円札・5千円札・千円札を各1枚、そして、500円玉1個、50円玉1個、10円玉1個、5円玉1個、1円玉1個です。
ふだん現金を使用することはまずないので、こんな財布で充分なことに気づきました。

出典: https://www.amazon.co.jp/ |

<モンベルmont-bell ジップウォレット>

モンベルのお財布は軽量でコンパクトなので、旅人やヒッチハイカーにお勧めです。カードケース、お札入れ、コインケースと小さいながらに全てそろっています。

値段のわりにはしっかりした商品ですが、山歩きやトレッキングでジャンパーやパンツのポケットに入れるには少し大きい感じ。固めの素材でこれ以上折れないので嵩張るかな

出典: https://www.amazon.co.jp |

<SmartTravel パスポートケース 首下げ スキミング防止 パスポート ポーチ >


ヒッチハイクの途中で鞄が盗まれぬ何て事も無きにしも非ずです。ですので、主要の財布とは別に少額のお金と必要な物は首から下げ服の中に入れておくことが無難です。いくら、日本が安全とはいえいつ何が起こるか分かりません。

この首下げのお財布は、小銭などは取り出しにくいですが、紙幣や携帯自分の大切な物を一つに集められるのが良いポイントです。

最初は ちょっと大きいかと思いましたが 首からかけてみると なかなか自分の体形には合っているかなと思います
ポケットも 結構ついてるし 買って良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp |

ヒッチハイクにアプリ

ヒッチハイクにお勧めのアプリは地図アプリです。自分の今いる現在地と目的地までの時間や距離を提示してくれます。ヒッチハイカーにとっては、必要不可欠です。そしてGOOGLE MAPであれば、目的地や現在地周辺の施設やお店なども簡単に調べられます。土地に詳しくなくても自分の思いどおりのお店が探せます。

ヒッチハイクをする際はMAPをダウンロードしておきましょう。そして、GOOGLE MAPであれば、オフラインでも使用可能です。もしヒッチハイクの途中で電波が無い届かないとなった時にGOOGLE MAPがあれば無敵です。

何処でヒッチハイクするのが良い

ヒッチハイクをする前に絶対に車が止まりやすい所に立ちましょう。車が加速する所や、止まる場所がなければ、車は拾ってくれません。そして自分の行きたい方向と車の行く方向が合っているかをちゃんと確かめよう。紙に行きたい場所を書く際には必ず隣の町を書きましょう。距離が遠いと乗せて貰う確率が下がります。

乗せてもらってから目的地を言えば、目的地までは連れていけないけれど○○までなら連れていけるよなんて事も多くあります。ですので、初めから目的地を書くのではなく一番近い街を書きましょう。

そして1時間たっても捕まらない場合は、目的地に問題があるか、立っている場所に問題があります。

ヒッチハイクをするのが良い場所については、下記を参考にしてください。

高速のサービスエリアやパーキングエリア

王道のパターンが高速サービスエリアやパーキングエリアに居る人に居声をかけて乗せて貰う人を探すか、サービスエリアやパーキングエリアの出口付近で紙に目的地を書き手を挙げて待ち、この際に笑顔で待つことそして、愛想を良くする事をお勧めします。

加速地帯ではしない事。十分泊まれる距離がある所に立つことです。裏技ですが、車のナンバーを見てドライバーの方がどこに行くのかを予想する事ができます。ナンバーや人の雰囲気を見て頼むのも良いでしょう。

サービスエリアやパーキングエリアでトラックに声をかける人も居ますが、白色のナンバーにしか乗れないので気を付けましょう。

国道沿いのIC前

国道沿いのIC前はヒッチハイカーにとってヒッチハイクしやすい場所です。ですが、加速地帯や車が止まりにくい場所は避けましょう。IC付近のガソリンスタンドやコンビニの方にどこがヒッチハイクしやすいか聞くのも良いでしょう。信号で止まった方に直接アピールするのも良いでしょう。

国道の信号付近

国道を使う人は、遠くに行きたい人です。もしスーパーや買い物に行きたいだけであれば、した道を使います。ですので、コンビニの駐車場や信号の手前です。ここでもやはり車の止まりやすい場所を選びましょう。そして、車は止まろうと考えてから時間がかかります。ですので止まって欲しい10m前でヒッチハイクをしましょう。

高速の入り口周辺

最後に高速の入り口付近です。ですが、高速に入る前は車が止まってはいけない場所もあるので注意しましょう。止まって欲しい場所から10m前に立ちましょう。そしてドライバーの方に見えやすいように紙を持ちましょう。

ヒッチハイクが禁止のエリア

ヒッチハイクは禁止されては居ませんが、場世によっては違法になる場所があります。ヒッチハイカーの乗降場所が、歩行者進入禁止区域(自動車専用道など)や、自動車の停車禁止場所も違法(ヒッチハイクこうい自体ではなく「道交法」の問題で違法になります。)

ですので、ヒッチハイクをする場合は何処でヒッチハイクをするか。そして、その場所は違法ではないか調べてからしましょう。

ヒッチハイクの時の持ち物

マジックペン

太めのマーカーでスケッチブックやホワイトボードに地名を書く際に必須にまります。遠くからでもわかるように太めのペンがお勧めです。そして、周りを囲む異なる色も持って居たほうが良いでしょう。

スケッチブック

A3のスケッチブックまたはホワイトボードこれはヒッチハイカーにとって必須アイテムです。地名を書いたりするのに使います。雨などで濡れる場合があるのでなるべく頑丈な物が良いです。紙が濡れてくしゃくしゃになるのが嫌な方は、ホワイトボードを使いましょう。

地図

地図です。次の目的地や今現在どこに居るのかを確認するのにとても役に立ちます。そして、もしドライバーさんが目的地が分からない場合地図を見せて目的にに連れて行ってもらう事も可能です。地図は忘れずにもって行きましょう。

カメラ

最後にカメラです。カメラは決して必需品ではありませんが、ヒッチハイクの思い出を写真に残せるので、持って行った方が良いです。さらにカメラの中でもお勧めなのが、チェキですなぜならば、取った写真をドライバーの方にすぐに渡せます。

ヒッチハイクは乗せてもらう側にはメリットがあるのですが、ドライバーの方にはメリットはありません。ですので、せめてヒッチハイカーを乗せたなっていう思いでだけでもドライバーの方に返せたら良いでしょう。

ヒッチハイクのメリット

交通費がかからない

ヒッチハイクの一番のメリットが交通費をタダで目的地まで行ける事ですが、普通にバスや電車などの交通機関で行くよりも1.5倍の時間がかかるといわれています。ですので、ヒッチハイクをする際は、時間に余裕をもって計画を立てましょう。

コミュニケーション能力がつく

見ず知らずの人にいきなり「車に乗せて下さい」と頼みます。コミュニケーション能力が無ければできません。ですが、ヒッチハイク中に車が止まってくれない時はメンタルも傷つくでしょう。ですが、ヒッチハイクが成功した時にはそんな事を忘れるくらいの喜びを得る事ができます。

多くの人に会える

ヒッチハイクをして一番感じるのは、今まで出会う事の無かった人達に出会える事です。ヒッチハイクをしていると色々な出会いがあります。普段生活していたら話せないような、○○会社の社長や、主婦の方、学生、いろいろな人に会う事ができます。

そしてこの人達と話した思い出は一生の思い出になること間違いなしです。1つ1つの出会いにドラマがあります。ヒッチハイクをしなければ、得られない体験でしょう。

全国に友人が出来る

主に車に乗せて貰ったドライバーの方ですが、車に乗せて貰って居る間に意気投合して今日うちに泊まって行きなよなんて話もヒッチハイクであれば良くあります。ヒッチハイクをとおして全国各地に友人そして自分の居場所が形成されることは間違いないでしょう。

ドライバーの方へのマナー

ヒッチハイクは、人の優しさで成り立っています。見ず知らずの人を車に乗せて目的地まで無償で連れて行ってもらうのですから、きっちりお礼は言いましょう。そして、なぜ今ヒッチハイクをしているのかを伝えましょう。車に乗せてもらう際には自己紹介を忘れずにしましょう。

断る勇気も必要

特に女性に言えますが、ヒッチハイクをしていると危険が無いわけではありません。女性一人でヒッチハイクをする際は暗くなったらヒッチハイクを辞めて宿に泊まりましょう。中には、優しさだけでなく、危ない事を考えている人も居ます。

ヒッチハイクをして、乗せてくれると言って居るけれどこの人怪しいと思ったらすぐ断って下さい。「もうちょっと遠くまで乗せて貰いたいので他の人に頼みます」や「さっき声かけた人がい言っていってたので」なんでもいいので適当な理由をつけて断りましょう。

ヒッチハイクをして思い出を作ろう

ヒッチハイクの記事を見て行きたくなりましたか。学生のうちに思い出作りにヒッチハイクなんてのも良いです。ヒッチハイクを擦る前とした後では、考え方や価値観などが変わるでしょう。ヒッチハイクを楽しむ前に禁止事項を確認し、楽しいヒッチハイクにしましょう。

そして、ヒッチハイクは車に乗り込むまでがヒッチハイクではなく、車から安全に下りるまでがヒッチハイクです。安全第一です。おうちに帰るまでがヒッチハイクなので、最後まで気を抜かないようにしましょう。

では、楽しいヒッチハイクをしてください。一人でも多くの方の参考になれば幸いです。少しでもやってみたいと考えて居る方はぜひチャレンジしてみて下さい、

初回公開日:2018年01月30日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related