Search

検索したいワードを入力してください

スキーのときのヘルメット3

初回公開日:2017年12月20日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スキーは冬限定のウィンタースポーツの1つです。快適に滑るためには、安全の確保も必要です。安全を手軽に確保するためにはスキー用ヘルメットの着用をします。この記事では、スキー用ヘルメットについてご紹介いたします。

スキーのときのヘルメット3

スキーのときのヘルメット3!

スキーのときのヘルメット3
※画像はイメージです

日に日に寒さがまし、北日本では積雪が確認されています。いよいよ、冬本番が近づいています。ウィンタースポーツの季節です。スキーにスノボー、雪合戦など雪のお陰で楽しめるスポーツ盛りだくさんです。

しかし、柔らかく白い雪には危険も潜んでいます。スキーやスノボーでジャンプしたとき着地に失敗すると大怪我することもあります。そんな危険から身を守るために役に立つのがヘルメットです。

スキー場を覗いてみてもヘルメットをして滑っている方はそれほど多くはありません。けれど、頭を守るためには着用するにこした事はないヘルメットのを形式でお伝えします。

ヘルメット第3位:uxcell スキーヘルメット

保暖通気搭載で温かさを確保してくれる事が特徴のスキーヘルメットです。温かさを確保してくれるだけでなく、ヘルメット後部にある調節ノブによってサイズ調整が簡単に行える事も特徴です。そして、内側は抗菌性・低アレルギー性素材で作られています。

スキーは意外と汗をかくスポーツですから通気性がよいヘルメットは快適にスキーを楽しむためにも欠かせないポイントと言えます。通気性がよくてもしっかり保暖してくれますから、おもいっきりスキーを楽しめる事でしょう。

サイズが大きすぎたので直ぐに人に譲りました。買ったスキー仲間は大変喜んでいました。

出典: http://amzn.asia/g9Rnvk8 |

ヘルメット第2位:MAMMUT ALPINE RIDER カリビアン

人間工学に基づいた快適なパットが内蔵されているスキーヘルメットです。EPSコアとマイクロシェルを使用することで、頑丈な作りを実現しています。

そしてもう1つの特徴がサムホイールによって頭のサイズ調整が簡単に行える事です。幅だけでなく高さも調整できますから、幅広い方にお使い頂けます。また取り外し可能な耳保護付きなのも特徴です。

頑丈なヘルメットや高機能なヘルメットが好きな方にはピッタリのヘルメットです。

オールシーズン対応、スキー、登山、クライミングと様々な場所での、安全確保に役立っています。
ヘルメットは、標準装備になりましたかね。

出典: http://amzn.asia/gekErLQ%20 |

ヘルメット第1位:GIRO LEDGE スキー・スノボーヘルメット

Auto Loc 2フィットシステム搭載でストリートなどの激しいライディングにも耐えることができるのが特徴的のヘルメットです。ハードシェル構造で丈夫な作りになっています。

またクラシックな仕上がりでスケートルックスになっている事と、通気性が良いのに頑丈であることがとなっています。

そして、アウターシェルに衝撃吸収EPS素材が使われている事もとなっています。スタックベントをゴーグルのセンターベントと同調させることで視界をクリアに保ってくれるのもの理由と言えます。

どんなシーンにも対応する頑丈なヘルメットのため、初心者から上級者まで幅広く使われているヘルメットです。

BERNもSMITHも自分の頭に合わず、ツバ無しでなるべくシンプルのが欲しくてこれを買いました。
ベンチレーターの開閉はできないけど、横幅が3段階調整できて、高さ調整もできる。あと耳当てとインナーが別々に外せるので便利。
Mサイズを買ったけど、アジャスターをMAXまで広げてピッタリ、あごひもはギリギリまで伸ばしてちょうど良い具合です。

出典: http://amzn.asia/21yLKVQ%20 |

キッズ・初心者にスキー用ヘルメットは?

スキーのときのヘルメット3
※画像はイメージです

続いては、初心者とキッズにスキー用ヘルメットをご紹介いたします。特に初心者とキッズのスキー用ヘルメットの着用は、安全を確保するためにもきちんと着用することをします。

数あるスキーヘルメット中から特にスキー用ヘルメットをそれぞれ3個ずつピックアップしてみました。初めてスキーをする方、キッズ用にスキー用ヘルメットを選ぶ時の参考としてみてはいかがでしょうか。

初心者にスキー用ヘルメット3選

GIRO Nine.10 ASIAN FITシリーズ

日本人の頭の形は外国人とは違い、外国人用に作られたスキー用ヘルメットは日本人ではサイズが合わないことが多いです。自分にぴったりフィットするスキー用ヘルメットを選ぶには、試着することも大切です。

日本人用に合うヘルメットが欲しい。そんな方になのが、GIROのNine.10 ASIAN FITシリーズです。このシリーズは、設計の段階からアジア人(日本人)の頭の形にフィットするように開発されたシリーズですので、初めてスキーをしたいけれども、性能は何でも良いという初心者の方には、シンプルにシリーズです。

私の頭の形にあっており、装着感は抜群です。もちろんスポーツ店で試着していましたが、本ショップがかなり価格的に安かったので本ショップで購入しました。

出典: http://amzn.asia/aNNwrro |

SALOMON QUEST ACCESSシリーズ

SALOMONというメーカーから発売されているQUEST ACCESSシリーズです。軽くて丈夫なインモールドシェルとインジェクテッドシェルという素材を使用しているため、頑丈で安全性の高い作りが特徴です。

上記のヘルメットは、レディース用となっています。ダイヤル式のサイズ調整機能が付いているため、サイズ調整もカンタンで初心者にもシリーズです。

さらにインナーは取り外して洗濯することができますので、ヘルメット内の清潔が気になる方にも嬉しい仕様となっています。

SMITH(スミス)スキーヘルメット

こちらもアジア人の頭の形にフィットするように開発されたASIAN FITタイプのスキー用ヘルメットです。重量が350gと軽量な低重心モデルですので、頭の小さな方や女性でも首が疲れることなく着用することができます。価格もそこそこ手頃ですので、初心者にもです。

キッズにスキー用ヘルメット3選

SWANS(スワンズ) 子供用キー・スノーボードヘルメット

キッズ用のコンパクトで軽量なタイプのスキー用ヘルメットです。軽量でありながらも通気性・耐久性にも優れていますので、安全性が高いヘルメットといえるでしょう。価格も5,000円以下と気軽に購入しやすいのが嬉しいポイントです。

息子用に購入しました。
サイズも形状もちょうどよくいい買い物でした。

出典: http://amzn.asia/3MJoPPk%20 |

BRIKO(ブリコ)MONGIBELLO モンジベロ スノー スキー ヘルメット

男の子用のスキー用ヘルメットなら、こちらもです。ヘルメットの上部と後頭部にABSシェルという耐久性の高いシェルを使用しているため、耐久性と安全性に優れているヘルメットといえるでしょう。また、軽くてコンパクトですので、キッズ用としてはじゅうぶんなスペックを持つモデルです。

ALPINA(アルピナ) CARAT VISOR

女の子用のスキー用ヘルメットなら、こちらがです。女の子が好きそうなピンクと花のデザインはもちろんのこと、耐久性もバツグンです。

耐久性だけでなくベンチレーション機能やプロテクション機能もスペックとしては高いのも特徴です。また、ゴーグルと一体型のモデルもありますので、スキー用ゴーグルを買う手間も省けるでしょう。

スキーのヘルメットの選び方は?

ヘルメットと一言でいっても、さまざまな種類があります。サイズがあっている事は大前提ですが、他にもメーカーに毎に耐久性や強度、通気性などさまざまなこだわりがありますし、自分の好みもあります。

たくさんある種類の中からスキーを安全に楽しむためにはどんなヘルメットがいいのでしょうか。この項目では、キッズ用・初心者用別にスキー用ヘルメットの選び方のポイントをご紹介いたします。

キッズ用のヘルメット選びの基準は?

キッズ用ヘルメットを購入するとき押さえておきたいポイントは4点です。まず頭の形状にあったヘルメットを選びましょう。基本的にスキー用ヘルメットは欧米人に合うようになっています。しかし、欧米人と日本人では頭の形状が違いますので、購入する前にかならず試着してから買いましょう。

次に後頭部にアジャスターがついているタイプがです。子供は日々成長していますので、頭のサイズも変わります。購入時にピッタリのヘルメットは次のシーズンにはかぶれない事もしばしばあります。アジャスターがついていれば調節できますから子供の成長にも対応できます。

スキー用ヘルメットはなるべく軽く製造が新しい物を

スキー用ヘルメットを選ぶには、軽さも重要です。いくら頑丈で頭をしっかり守ってくれると言っても重過ぎると逆に首を痛めてしまったり、スキーもうまく滑れませんので、軽い物を選ぶことをいたします。首を守るためにも試着して子供自身が重いと感じないヘルメットを選びましょう。

最後になるべく製造が新しいものを買いましょう。スキー用ヘルメットもブーツと同じで経年劣化が起こります。そのため買ってすぐに壊れたりしないためにも製造の新しい物を選びましょう。

初心者がスキーをする時はヘルメットは何基準で選ぶ?

スキーのヘルメットには大きくわけて「レーシングモデル」と「フリースタイルモデル」の2種類があります。レーシングモデルとは、高速でスキーをする時に使用するヘルメットで、頭をすっぽり覆う作りが特徴です。つまり、あらゆる衝撃から頭を守る事ができます。

フリースタイルモデルは一般のスキーヤー向けに作られています。軽量設計で頭から耳をカバーしてくれます。耳の部分はソフトなパッド状のイヤーフラップとなっていて、着脱可能な構造となっています。

サイズとしては少しきつく感じてもしっかりとホールドしてくれる物を選びましょう。ヘルメットの内側にはインナーが入っていますので、使っているうちに自分の頭にピッタリとフィットしてくれます。

スキーのヘルメットって本当に必要?

海外のスキー場ではヘルメットを使用していない人を探すのが大変なほど当たり前のスキー用ヘルメットですが、日本のスキー場ではまだまだ装着率は高くありません。

その理由としてスキーは危険という認識が低い事と、ヘルメットはカッコ悪いなどがありますが、本当にスキーにヘルメットは不要なのでしょうか。また、スキーは安全なスポーツなのでしょうか。その真意について迫ってみました。

スキーは安全なスポーツなの?

スキーは板をつけて坂道を滑るスポーツです。そのため、衝突の危険もあり決して安全といいきけれるスポーツではありません。

そして、経験を積み上級者になると滑るスピードは早くなりますから、衝突したときの衝撃も大きくなります。また自分が衝突しにいかなくても、もらい事故の如くぶつかってこられる事もあります。

ぶつかる危険、ぶつかられる危険双方考えてもスキーをする時にはヘルメットを被る事をします。

スキー用ヘルメットはなぜ必要なの?

雪は柔らかいため、一見スキーにヘルメットは必要ないのではと思う方も多いでしょう。しかし、実際に海外では、スキーに対する安全性を高めるためにヘルメットの着用が当たり前となっています。

ではなぜスキーにはヘルメットが必要なのでしょうか。答えとしては、いくら上手いスキーヤーでも転倒する可能性はじゅうぶんにあると考えられているからです。また、頭を守るための保険と考えてもいいでしょう。

スキーを安全に楽しむためにはスキー用ヘルメットの着用は必須ともいえるでしょう。自分の頭のサイズに合ったスキー用ヘルメットを探せばより安全性は確保されるでしょう。初心者はもちろんのこと、万が一のことを考えるならば、上級者もヘルメットの着用はしっかりすることが大切です。

スキーのヘルメットののメーカーは?

スキーのときのヘルメット3
※画像はイメージです

ここまでのスキー用ヘルメットをでご紹介いたしましたが、スキー用ヘルメットのメーカーにもそれぞれの特徴があります。スキー用ヘルメットを本格的に選びたい。定番のメーカーはどこなのか知りたい。そんな方は、メーカーからスキー用ヘルメットを選ぶというのもいいでしょう。

この項目では、定番のスキー用ヘルメットを販売・製造するのメーカー・ブランドをご紹介いたしましょう。メーカーだけで抑えておくのも、スキー用ヘルメットを選ぶ時の参考となりやすいので、ぜひチェックしてみるといいでしょう。

SWANS

SWANS(スワンズ)は山本光学株式会社という日本の企業が運営するスポーツウェアのブランドメーカーです。スキー用ヘルメットはもちろんのこと、アスリートたちのスポーツウェアやアウトドア用品などさまざまなラインナップを揃えています。

SWANSのスキー用ヘルメットは、スノーゴーグルが付いているのが特徴で雪の反射をおさえ、風や紫外線などから目を守ってくれる仕様となっています。また、キッズ向けのスキー用ヘルメットもラインナップが多めなのが特徴です。

大人用もキッズ用も両方取りそろえつつ、国産のハイクオリティーなスキー用ヘルメットが欲しいという方にはメーカーです。

MAMMUT

MAMMUT(マムート)はスイスの登山用品メーカーの1つです。登山用品のアウトドア製品のラインナップが多めですが、スキー用のヘルメットも多く取りそろえているのが特徴です。

特にALPINE RIDERというシリーズは品質が良く、マイクロシェルとEPSコアで製造されているため、ちょっとやそっとでは壊れないほど頑丈な作りとなっているのもポイントです。

キッズ用のヘルメットのラインナップはありませんが、大人が使うスキー用のヘルメットとしては柄やサイズもありますので、頑丈で壊れにくいスキー用ヘルメットを求めている方には、じゅうぶんなスペックのメーカーといえるでしょう。

GIRO

GIRO(ジロ)は、アメリカ生まれのスキー用のヘルメットやスキー板、ゴーグルなどを製造・販売しているメーカーです。ASIAN FITというアジア人の頭の形にフィットするように設計されたラインナップがで、日本ではスキー用ヘルメットを買うという時にとても重宝するメーカーです。

大人用のスキー用ヘルメットはもちろんのこと、キッズ用のラインナップも豊富でスキー用ヘルメットで迷ったらGIROを選ぶという方が多いでしょう。価格も1万円からと手が届きやすい価格帯で品質もハードシェルで作られていますので、とても頑丈な作りとなっています。

定番のスキー用ヘルメットを選びたい。手頃で安全性が高いスキー用ヘルメットが欲しいという方にはメーカーといえるでしょう。

スキーヘルメットにステッカーをはるのはおしゃれ?

スキーのときのヘルメット3
※画像はイメージです

スキーヘルメットはシンプルなモデルが多く、模様が入っていても自分好みではない場合があるでしょう。また、模様入りのスキー用ヘルメットは値段も高い物がほとんどです。そんな時に便利なのがステッカーです。

ステッカーは、スキーヘルメットに貼るだけでおしゃれに見えるだけでなく、取り違え防止にもつながります。また、好きなステッカーを貼ることによって、自分だけの世界に一つだけのオリジナルスキーヘルメットを作ることができます。

ではスキーヘルメットに貼るステッカーはどこに売っているのでしょうか。また、スキーヘルメットに貼るとおしゃれに見えるステッカーをご紹介いたします。スキーヘルメットにステッカーを貼って気軽に個性を出してみましょう。

スキーヘルメットに貼るステッカーはどこで売っているの?

スキーヘルメットに貼るステッカーが売っているお店は、通販や雑貨屋さんで手に入れることができます。また、スキーヘルメットを売っているアウトドア・スポーツショップでも少しですが、置いてあるところもあります。

ステッカーの中には雪で濡れて破れてしまうステッカーもありますが、防水加工が施してあるステッカーもありますので、スキーヘルメットに貼るのであれば、なるべく防水加工がほどこしてあるステッカーを選ぶといいでしょう。

スキーヘルメット用ステッカーは?

通販で手に入るスキーヘルメットにステッカーを2種類ご紹介いたします。どちらも防水加工になっていますので、雪の水分でふやけて剥がれてしまうという心配はありません。他にもたくさんの防水ステッカーがありますので、自分好みのデザインを見つけてみてはいかがでしょうか。

UTSAUTO 「100枚」セット防水シールステッカー

デザインもかわいくて、枚数もたっぷりです。ステッカーは防水加工として、サラサラとした素材でした。水をこぼしても大丈夫な点が安心できる!旅行バックとか古い冷蔵庫、車庫の装飾として雰囲気作りくらいでしょうか。

出典: http://amzn.asia/7Iti04Q%20 |

ポップでかわいらしいのキャラクターデザインが100枚も入ったお得なステッカーです。のレゴブロックのロゴやセサミストリートなど、のアメコミ系キャラクターが中心ですので、キッズ用のヘルメットに貼るのもです。これだけ入っていて価格は800円ととてもお得なステッカーといえるでしょう。

ステッカー シール 防水 3枚組 おしゃれ レトロ アメリカン スカル セクシー 風

アメリカンで旅行のような雰囲気を出したい。レトロなヘルメットをデザインしたい。そんな方にステッカーです。アメリカン、切手風、旅行風と3種類のステッカーがセットになっています。価格は1000円前後ですが、大きめのステッカーですので、お得感はわずかながら感じられるでしょう。

スキーヘルメットをしっかり着用してスキーを楽しもう

スキーのときのヘルメット3
※画像はイメージです

いかがでしたでしょうか。今回は、スキー用ヘルメットやキッズ用・初心者用にスキー用ヘルメットなどについてご紹介いたしました。

スキーは、危険も伴うスポーツではありますが、初めての方はスキーをする前にトレーナーから講習を受けるなど、スキーに対する安全を高めておくことが大切です。そして頑丈なスキー用のヘルメットをしっかり着用しておけば、スキーを楽しむことができるでしょう。

日本ではスキーのヘルメットを着用していない方が多いとありましたが、整備されているゲレンデとはいえ、相手は自然です。万が一のことがあっては大変なこととなりますので、スキー用のヘルメットは必ず着用することを強くいたします。

Related