Search

検索したいワードを入力してください

タイヤ交換|時期・費用・工賃・方法・相場・掛かる時間など

更新日:2020年08月29日

買物や、通学、出勤など自動車は生活する上で欠かせません。しかし皆さんは自動車のタイヤ交換で悩んだことはありませんか。この記事ではタイヤ交換の適切な時期、かかる費用や、時間などを紹介します。皆さんがタイヤ交換をする際にこの記事を参考にしてください。

タイヤ交換|時期・費用・工賃・方法・相場・掛かる時間など

タイヤの交換

安全に車を運転させるためには、タイヤの交換時期について注意が必要です。ダイヤは、長く運転させてはさせるほど、それだけ劣化が進みます。タイヤを交換する際には、タイヤがどの程度劣化しているかについて正しい確認方法を覚えておく必要があります。

もしも、劣化をしてしまったタイヤを履いて運転し続けると、重大な事故にもつながってしまう場合もあります。また、燃費が余分にかかっている場合も考えられますので、どういった方法でタイヤを交換するのか、その交換時期について覚えておくと良いでしょう。

車のタイヤを交換するには

タイヤにはいろいろな種類のものがあります。例えば、サマータイヤスタッドレスタイヤなど季節によって使い分けることもあります。また、タイヤはそのメーカーによって性能にも違いがあり、タイヤを取り扱っているメーカーやブランドにも数多くのものがあります。

また、タイヤを交換するには、ご自分で行うことのほか、ガソリンスタンドや店舗によって交換する方法もありますので、ご自分の用途に合った方法を選びましょう。

車のタイヤ交換のタイミングについては後ほどご説明するとして、先にタイヤ交換をする意味についてお話ししましょう。

タイヤを交換しないと

それでは、タイヤを交換しないとどんなことになるのでしょうか。タイヤは走ればそれだけ摩擦により劣化が進みます。また、タイヤを放置することにより、紫外線や年数を隔てることにより、何もしていなくても自然と劣化が進みます。

まずどういったタイヤであれば交換の必要があるのかについて基本的なことを覚えておきましょう。タイヤは交換しないことにより、例えば雨が降った時など滑りやすくなり、事故へとつながります。

タイヤの役割

タイヤは、車そのものの重さや、車に乗車している人などの体重を支えています。また、路面に摩擦を加えることにより、車を安定して走らせることが可能です。そのほか、なだらかではない道路を走らせる時にも、車の中にのっている人を衝撃から守ってくれる物です。

タイヤが原因で起こるトラブル

タイヤは柔らかいゴムでできているため、奏功すればするほど摩擦により劣化が進みます。また、路面に直接触れる部分でもありますので、衝撃を受けた時にパンクしてしまう場合もあります。

最近では、パンクしにくいタイヤがほとんどですが、劣化が進んでいると、例えばガラス片やくぎを踏んでしまった時に、タイヤにひびが入ってしまったり、タイヤの中の空気が漏れてしまったりと、車を安全に走行させることができなくなります。

また、雨の日に劣化したタイヤを履いたまま運転すると、車体が浮いてしまったり、すべってしまいハンドルやブレーキが利かないという危険な状態になってしまうこともあります。

自転車のタイヤの交換時期について

自転車の場合のタイヤ交換時期は、走行距離が3000kmになった時が目安です。ですが、メーターのない自転車では、ご自分がどの程度の距離を走行したか確認できません。そのため、安全に走行するためには最低でも 3年経過したら交換するようにしましょう。自転車の場合は、お店に行けば1500円から2000円程度で交換可能です。

バイクのタイヤの交換時期について

バイクのタイヤの耐用年数は、およそ3年程度です。3年を過ぎるとタイヤの表面が固くなり、溝も少なくなってきます。見た目には大丈夫と思っていても、劣化が進んでいますので、タイヤの表面に記載されているタイヤの製造年を確認しておきましょう。

走行距離を基準にする場合には、肺グリップタイヤであれば 2000キロメートルから3000キロメートル、直線で長距離を走ることが多い方であれば、1000km、道路状況の悪い道路を走ることが多い方の場合には、5000kmが目安です。

タイヤの交換の目安

タイヤは柔らかいゴムでできているため、消費期限が設けられています。一般的には、タイヤの交換時期の目安は4年から5年です。その期間以内のものであれば、タイヤの溝も十分に保たれていますが、車の走らせ方によっては、劣化の進みが早く、目には見えなくてもひびが入っていたりと傷ついている場合があります。

タイヤは、車を駐車している場所によっても、劣化の進みが早く、屋根のない場所に車を駐車しておくことにより、直射日光を浴びてゴムは通常よりも早く劣化してしまうこともあります。また、毎日砂利道や砂場を走る場合にも、タイヤの劣化が速くなってしまいます。

タイヤの溝について

タイヤには、滑ることがないよう安全に車を運転させるため溝が付いています。この溝は走行距離はおよそ5000kmで1mmずつ摩耗していきます。タイヤの溝は、新品のもので8mmありますが、し安全に車を運転させるためには、1.6mm以上の溝が必要です。

タイヤの製造時期の確認

タイヤには製造面が記載されています。2000年以降につくられているタイヤであれば、タイヤのサドルモールに4ケタの数字が記載されています。

この数字は、初めの2ケタが週を表し、最後の二けたが年数を表しています。そのため、「0230」と表記されているのであれば、2030年の2週目に製造されたタイヤということになります。

タイヤの消費期限は、4年から5年になっていますので、タイヤの製造面についてもチェックしておきましょう。タイヤを中古で購入されるという方も少なくありませんが、購入前には製造年を確認し、消費期限と照らし合わせてから購入するようにして下さい。

走行距離の目安

5000kmで1mm削れていくということは、32000km車を走らせると、車を安全に走行させるために必要な1.6mmまで削れてしまうということになります。

ですが、車を走らせる場所によっては、摩耗の仕方は異なりますので、溝の深さに注意をしておきましょう。また、タイヤは走行距離が長くても、その走り方や使い方によってはそれほどタイヤが摩耗していない場合もあります。

タイヤは、1.6 mm以下になってしまうと、走行中に破裂してしまうこともありますので、タイヤがどの程度削れているのか、正しい確認方法を覚えてください。

ローテーションについて

タイヤは、車に荷物を積んでいたり運転席にしか人が乗らない場合などには、タイヤにかかる負荷が異なりますので、その分負荷がかかっている片方だけが摩耗していたりと、4本全部が同じスピードで摩耗するわけではありません。

その場合には、タイヤの前後左右を入れ替えて、ローテーションさせながら使うことをします。ローテーションの目安としては、およそ5000kmで行うとよいでしょう。

タイヤは車がFF車の場合には、前輪が後輪に比べて極端に擦り減っている場合があります。その場合には、5000kmほど奏功した際に、前の日本とうしろの2本を交換して使用します。4WD車やFR社の場合には、FF車とは逆に、後輪の方が先に守をしてしまいます。そのため、FF車と同じように、前輪と後輪のタイヤを入れ替えて使いましょう。

溝の深さを確認する

タイヤの使用期限を測るには、スリップサインを確認します。これは、タイヤの劣化が進み、使用限界がきてることをお知らせするためのサインです。

これは、タイヤの溝を確認した時に、三角形にタイヤが盛り上がっている部分がありますので、このスリップサインが現れたらタイヤを交換しましょう。

スリップサインの位置については、タイヤの側面に三角マークが描かれている位置に表れます。スリップマークは一つだけではなく、多い場合で9つほど表示されているものもあります。

タイヤの交換費用について

タイヤの交換は、ガソリンスタンドやディーラーにお願いすると、費用がかかります。これは、タイヤの代金と取り換え工賃が必要です。タイヤの料金は、そのタイヤのタイプやインチ数によって異なります。まずは、購入する前にインターネットなどで、その枝について確認をすると良いでしょう。

タイヤを交換する時間の目安

タイヤ交換にかかる時間は、タイヤの大きさや種類によって異なります。また、オイルの形によっても時間がかかる場合もありますが、スムーズに行ったとして30分程度、長くても2時間程度で交換可能です。

タイヤを交換する工賃の相場

タイヤを交換する際の工賃については、作業にかかる手間代と考えてください。作業工賃については、お願いするガソリンスタンドやカー用品店、ディーラーによって料金に違いがあります。

ここでは、一般的な料金についてご紹介していきましょう。まず、タイヤの脱却やバランス調整、タイヤのオイルを取り換える場合には、タイヤ一本につき1000円から2000円程度の料金がかかります。

そのほか、タイヤの交換を行う際には、タイヤの組み替えをする場合がありますが、例えば、自前のオイルを使用している場合には、専用の機械が必要になります。そのため、平均的な相場はタイヤ一本につき1000円から1500円程度が必要になります。

タイヤのバランスを整えるためには

タイヤのバランスが狂っていると、例えば高速道路などを走行した際に、車体が小刻みに震える場合があります。細かく振動を続けていると、タイヤが外れてしまう恐れもあります。そのため、タイヤを交換するにあたっては、タイヤの重量バランスを整えなくてはできません。この作業を行うためには、タイヤ一本につき1000円程度の費用がかかります。

ゴムバルブの交換費用

これはオイルにある空気を入れるための部品を交換することを言います。この部品を交換するには、タイヤ一本につきおよそ200円から500円程度で交換することが可能です。

ゴムバルブが劣化してしまうと、空気が抜けやすく高速道路など奏功している最中に空気が抜けているタイヤで走っていると危険をともないますので、車検以外にもガソリンスタンドを訪れた際には劣化していないかどうかを確認し、劣化が進んでいる場合にはすぐに交換して頂きましょう。

タイヤ交換の方法

タイヤを交換するには、まずタイヤを外します。タイヤを交換するにはジャッキが必要です。ジャッキを車体に挟み込み、車を持ち上げタイヤを取り外していきましょう。

ジャッキを車体に挟み車を持ち上げたら、次にインパクトトレンチを使ってタイヤのナットを取り外していきます。ナットを外し終えたら、今度はダイヤからホイールを外します。タイヤは空気を抜いてからタイヤチェンジャー乗せ、タイヤを回転させながらタイヤとホイールの接着部分を外します。

タイヤのはめ込み方

まず新しいタイヤにホイールをはめ込みましょう。オイルを外す時と同じく、ダイエットタイヤ選者に乗せ、タイヤとホイールの接着部分に空気漏れを防ぐためのクリームを塗っておきます。

次にタイヤに空気、または窒素ガスを入れます。最後にホイールがゆがんでいないか確認して、バランスをとった後で車体にタイヤを取り付けていきましょう。

タイヤを持ち込めるか

タイヤ交換は、何も交換してもらうお店で必ず購入しなければならないわけではありません。タイヤは、どのメーカーから購入するのか、タイヤの種類によっても値段が異なりますが、ディーラーや正規店で購入すると料金が高くつく場合がほとんどです。

最近ではインターネットでもタイヤを安く購入することができ、カー用品店やホームセンターでも、通常の価格よりも安く販売されています。

手間よりも、なるべく費用を抑えたい場合には、インターネットやカー用品店などでタイヤを購入し、タイヤ交換を別のお店にお願いするという方法もあります。ですが、これもまたお店によって対応が異なりますので、事前に確認をして下さい。

車体別のタイヤの交換

タイヤを交換する費用は、その車種や車体によって異なります。タイヤの交換は、女性一人で行う場合は慣れていないと危険です。

そこで、あまり自信がない方、道具がなく新たに購入したくないという方は、お店にお願いしてしまいましょう。タイヤ交換の費用は、どこにお願いするかによって異なります。次に紹介するそれぞれの費用の相場を参考にしてみましょう。

店舗別タイヤの交換方法と費用

タイヤの交換方法と費用を店舗別にご紹介します。

ガソリンスタンドで行う場合

ガソリンスタンドにタイヤ交換をお願いすると、タイヤ一本につき、500円から800円程度の料金がかかります。これは、どちらのスタンドでも同じです。ですが、一本500円でもこれが4本ともなると料金にだいぶ差が付いてしまいます。500円から800円という金額は、おおよその目安ですので事前に確認をとっておきましょう。

ディーラーで行う場合

ディーラーにタイヤ交換お願いすると、ほかの店舗に比べ料金が高くついてしまいます。ディーラーでタイヤ標本を交換してもらった場合、交換費用のほか、廃タイヤの処理やバランス調整もまとめて行ってくれますが、その分費用は高くなってしまいます。

タイヤのバランス調整は、およそ2000円程度、廃タイヤの処理は300円から500円程度かかり、新たに取り付けるタイヤについては、どのタイプを選ぶかによって異なりますが、全部でおよそ40000円から50000円程度が相場です。

カー用品店で行う場合

カー用品店でタイヤ交換をする場合、タイヤ脱着の費用はその店舗によって異なります。タイヤの脱着は一本につき500円から1000円程度とまちまちです。

また、カー用品でもバランス調整や廃タイヤ処理、その他の部品の交換をしてもらえますが、これらの作業すべて行ってもらうと、タイヤの料金にもよりますが、タイヤ一本の料金を一本7000円として全部で25000円程度必要になります。

タイヤの組み替え

タイヤは前輪や後輪、または左右どちらかが減っている場合、タイヤを組み替えて使います。タイヤの組み替えはどの店舗でも行うことができ、費用は次のものになります。

車体別タイヤの交換の費用

車体別タイヤの交換の費用をご紹介します。

軽自動車の場合

軽自動車のタイヤの交換費用は、12インチから16インチ500円、タイヤの組み替えを行った場合には12インチのものが600円、14インチのものは700円、13インチから16インチのものになると750円程度となっています。

乗用車ボックスカーの場合

ボックスカーのタイヤ交換の費用は、17インチから18インチのもので800円、19インチから20インチのもので1000円に程度が相場です。また、タイヤを組み替えて使う場合には、17インチから18インチのもので1000円、19インチから20インチのもので1400円程度が目安です。

4WD、SUV車の場合

4WDのSUV車のタイヤ交換を行う場合には、18インチから20インチのアルミ製のもので1000円、タイヤを組み替えて使用する場合には、18インチまでのものであれば1000円、19インチから 20インチまでのもので1400円となっています。

タイヤの大きさが 21インチ以上の大型車になると、タイヤを交換すると1200円、組み替えて使う場合には2400円程度必要になります。

タイヤ交換に使う工具について

タイヤを交換するには、公務が必要になります。特に、ご自分でタイヤの交換を行う場合には、必要な道具をすべてそろえておく必要があります。

必要な道具を用意しないまま、タイヤを交換すると、タイヤが外れやすくなってしまったり、また、タイヤの交換の最中に車体が落ちてきてしまったりする場合があります。

ここでは、タイヤ交換に必要な工具についてご紹介しますので、ご自分でタイヤを交換したい9方の場合には、どういった降雨が必要になるのかについて覚えておきましょう。

トルクレンチ

トルクレンチは、目盛りを合わせるだけで適度にトルクを占めることができる道具です。トルクは強すぎても弱すぎてもいけません。トルクが強すぎると発送する可能性があり、弱すぎるとナットが緩みタイヤが外れてしまいます。タイヤ交換をする場合には、トルクレンチを利用しましょう。

トルクレンチの設定範囲

トルクレンチには設定範囲があります。普通車の場合には 100ニュートンメートルから 120ニュートンメートルが設定範囲です。トルクレンチは設定範囲ごとに販売されていますので、タイヤの設定範囲に合わせてトルクレンチを購入しましょう。

インパクトレンチ

インパクトレンチは、ボルトやナットを回す際、それほど力を加えなくても簡単に作業が行える道具です。インパクトレンチは、7mm、19mm、21mmと種類がありますので、タイヤに合ったものを選びましょう。

インパクトレンチは、電動でパワーが強いため、さび止めスプレーを吹きかけた後で知をすると、マットを火葬する心配がありません。

ホイールも交換するのか

ホイールを交換するには、タイヤの脱着の費用に含まれていますので、タイヤ交換をする際に一緒にオイルの交換をお願いしましょう。

タイヤを交換する際には、バランス調整が必要になりますが、これはご自分で行うにはなかなか難しい作業です。タイヤ交換をお店にお願いする場合には、ホイールの交換も一緒にお願いした方が良いでしょう。

札幌でのタイヤの交換

札幌など、雪が降る地域では冬になると冬用のスタッドレスタイヤに交換が必要です。タイヤ交換の目安は、大体11月ごろにおこなうのが一般的で、気温が7度以下になった時にスタッドレスタイヤに履き替えると良いでしょう。

秋田の場合

冬の厳しさで言えば、秋田もまた雪深い地域です。秋田やその他の東北の地域では、初雪が降ったら交換するというのが一般的です。初雪は水分を多く含んでいますので、1回で積もってしまうと言う事はおとんどありません。そのため、初雪が降る10月から11月位に交換します。

タイヤの保管方法

サマータイヤからスタッドレスタイヤに交換する場合など、はきかえたタイヤは保管しておかなければいけません。ご自宅のガレージに保管場所が設けられているのであれば問題ありませんが、そうでないのであればタイヤ交換をお願いしたお店に保管してもらうと良いでしょう。

この場合は、例えばサマータイヤを保管もらうのであれば、もう一度サマータイヤに履きかえるときに、保管をお願いしているお店に依頼をする必要があります。

タイヤの使用期限を守って安全に車を楽しもう

特に地方にお住まいの方にとっては車は欠かせません。そのため、車を安全に長く利用するためにも、こまめにメンテナンスをしておきましょう。

車のホイールやそのほかの備品にこだわる方は多いですが、タイヤについては車を購入したときのまま、という方も少なくありません。ですがタイヤのメンテナンスを疎かにすると、重大な事故に繋がる場合もありますので、タイヤの交換サインを見逃さないようにしましょう。使用期限を守って、安全に安心にレジャーや観光を楽しみましょう。

初回公開日:2018年05月01日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related