Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方

初回公開日:2018年05月10日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方」と題して、「【特徴別】トランスミッター」のご紹介から「トランスミッターのノイズの原因や使用法」についての詳細情報をご紹介します。「お役立ち情報」としてご覧になってください。

Noimg

トランスミッターとは

トランスミッターというのはそもそも「特定の端子機器によって電波を受信し、受信元の電波を必要なケーブルを使用して任意の電信へ変換する電子機器(電気機器)」のことを言い、主に電子を使用した機器類においてはその電波受信・電波拡張によって、さまざまな用途で使い分けられています。

一般的に有名なのはFMトランスミッターで、特にトランスミッターは「電波と電波との間で媒体的役割」を果たし、そのメディアによって特定のサウンドやデータを転換送信することになるため、場合によっては電波による妨害を受ける可能性もあります。

小型ボディサイズ

【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方
※画像はイメージです

トランスミッターというのはもともと小型ボディサイズの設計であり、これは電子機器類があらかじめ設定されてある車の内装やパソコン周辺機器の設置環境において、コンパクトに使用できるようになっています。

特に最近ではスマートフォンやノート型パソコンのように「さらなるボディのコンパクト化」が図られており、このコンパクト化によってさらに多くの使用分野を広げていこうという企業的試みが見られます。

情報受信器の役割

情報データを受信しておき、その電波を利用(流用)する形で別の電子機器類へ信号を送り、そのトランスミッターによって転換された電子情報を正確に伝えることを目的設計されているのが最大の特徴です。

この特徴を役割として、トランスミッターの活用においては「もともと受信機能やデータ変換機能を持ち合わせていない機器類の媒体として働き、情報データ転換機器として「必要なデータ受信・送信」を正確に行ないます。

これによってWi-Fiなどで見られるワイヤレス受信などが可能となり、インターネット環境下にある場合と同じく、さまざまな電波環境下にある機器類はすべてこのトランスミッターを利用する形で「複数の電子機器類の互換性」を促進する働きを持つことができます。

スカイプに見られるような遅延

スカイプやLine電話などを普段よく使用している人はおわかりのことですが、このトランスミッターもスカイプやLine電話の場合の電波受信と同じく、主にワイヤレスで受信・送信することから「データ情報受信・送信・処理の遅延」が認められることがあります。

これはワイヤレス機器を使用する場合はどうしても回避できないもので、特に電波環境が悪い周辺においてはこの「ワイヤレスによる不利の点」が目立つようになります。この場合はWi-Fiなどの電波受信モデムなどを周辺機器として設置し、そのモデムによって受信できる電波の強化(補強)が図られることもあります。

特徴別トランスミッター

【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方
※画像はイメージです

トランスミッターにはいろいろな種別があり、特に一般的な物には「bluetooth対応型」、「ワイヤレス型」、「高音質保持型」、「有線用トランスミッター」など、その使用する用途や分野によってさまざまな使い分けが見られます。

bluetooth対応

Bluetooth(ブルートゥース)というのはWi-Fiと同じく「近距離用の電波無線機器」の1つであり、ブルートゥース適用範囲において電子機器類を使用する場合に、その電子機器類が受信・送信を必要とする物であれば「ブルートゥースによって電波受信が強化され、ワイヤレスでも普通に特定の電波を受信することができる」という特典が付きます。

一般的にブルートゥースの無線適用範囲は「5メートルから10メートル範囲」と言われており、「50メートルから100メートル範囲」を無線適用範囲に持つWi-Fiとはその「無線の補強」によって違いが見られます。

ブルートゥースのそもそもの機能は「赤外線通信」などと同じく、機器類を近付けた際に電波受信・送信を可能にする「近距離型のワイヤレス機器」であるため、Wi-Fiの効果に見られる「無線範囲の拡大」を期待して使用する機器類とはなりません。

ワイヤレス型トランスミッター

先述しましたように、トランスミッターは主に「ブルートゥースによる無線適用範囲」をメインに利用するため、「ワイヤレス」と言ってもその無線適用範囲は広くはありません。本当に「電子機器類同士を近付け合わせて使われる電子受信機器」であり、特に「特定の電子機器類の周辺機器の1つ」として受信・送信機器類を使用することになります。

ワイヤレス型トランスミッターと言えば、市販されている物はほとんどがこの「ブルートゥースを使用したトランスミッター」となり、SHUREBLX1やLINE6TBP06などとさまざまな機種メーカーによるトランスミッターが市販されていますが、そのすべての機種は近距離型のワイヤレス機器となります。

高音質

最近のFMトランスミッターはほとんどが「高音質のトランスミッター」として認められており、その場合の高音質を引き出す最大の秘訣は何かと言えば、それは「トランスミッターを使用する際の環境設定」に他なりません。

だいだいすべてのトランスミッターは現代市販の物である以上、高音質でサウンドが聴けるものばかりです。その高音質を妨げるものは何かと問えば「トランスミッターを使用しているその環境設定の不十分さ」になり、きちんと周波数などを設定していても音質が悪い場合は特に「設定基準の不十分」が問われることになります。

USB付きトランスミッター

USBケーブルによってトランスミッターと他の電子機器類を接続して使用することができ、このUSB専用トランスミッターの市販も現在では非常に多くの分野で見受けられています。

これは主に、ワイヤレスによって電波を送受信する際に、どうしても「データ処理の遅延」が見られることに起因しており、この解決策の1として採用された「電波補強対策」となります。

USBケーブルというのは主にパソコン周辺機器として有名ですが、このパソコンのUSBポートと同じく、現代の電子機器類にはほとんどすべてに、このUSB専用接続ポートが取り付けられています。これを利用する形になるため、ワイヤレスの場合よりもさらに「データ処理の遅延」は起きなくなります。

有線用トランスミッター

先述しましたように、USB接続用トランスミッターの市販によって、この「有線用トランスミッター」の使用が非常にを集めています。有線用トランスミッターの効果・成果を考慮する際、特に「ワイヤレスコードで使用している電子機器類と、有線による電子機器類」とを見比べてみるとよくわかるでしょう。

両者を使用する際には、確実に有線用機器類の方がデータ処理速度やデータ送受信の確実性が上がりますが、その代わりポータブル機器として持ち運ぶことはできません。このメリットとデメリットに配慮する上で「有線用・無線用」が選ばれますが、有線用トランスミッターの利点は、「いつでも変わらず接続状態が良好になること」です。

トランスミッターのノイズの原因

【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方
※画像はイメージです

トランスミッターのノイズの原因の8割は、主に「周波数の設定具合にある」と言われています。トランスミッターの電波を送受信というのは、基本的に「トランスミッター内で調節された周波数によって電波をキャッチし、その同じ周波数によって今度は送信用のデータに転換する」という機能を持ちます。

この際に、そのトランスミッターに設定された周波数と同周波数によって設定されている電子機器類でなければ、そのトランスミッターから送信された電波を受信させることができず、これと同じ原理で「受信する際にも同周波数(規定周波数値)に合わせること」が必要となります。

この周波数を合わせることによって、たいていのノイズは直り、つまりラジオの周波数を合わせる形で電波の送受信具合を調節することになります。もしこれで直らない場合は、トランスミッター自体の故障が原因と見てよいでしょう。

トランスミッターはデータ処理の遅延が多い

【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方
※画像はイメージです

先述しましたように、現在市販されているトランスミッターのほとんどが「ブルートゥースを使用したワイヤレスによって電波を送受信する」という方法が採られているため、有線用のトランスミッターと比較する際、どうしても電波受信の際に受信妨害を含む「受信の不具合」が発生してしまうことがあります。

このデータの送受信が不十分になることにより、当然「受信するデータの適切な処理」も遅れてしまい、たとえば海外通信の際に見られるような「いましゃべったことが数秒後に送られてくる」などのデータの遅延が目立ってきます。

トランスミッターの使い方

トランスミッターとは現在、実にいろいろな電子機器類のオプション機器類の1つとして活用されています。このトランスミッターの使い方を正確に理解しておくことは、他の媒体とするメディア機器類の保護にもつながるため、やはり確実に安全な使用法をマスターしておくことが大切です。

まず有線用FMトランスミッターとワイヤレス用トランスミッターとがあり、両者によって使い方はやや変わります(基本的な使用法は同じです)。有線の場合はシガーソケットにトランスミッターを差し込み、イヤホンジャックにケーブルを接続します。そしてFMの周波数を正しく合わせ、あとはステレオを付けるだけでOKです。

ワイヤレスの場合も上記と基本的に同じですが、機器同士のベアリングを行ない、接続した機器との周波数を合わせる必要があります。どちらも簡単に行えます。

アプリケーション

トランスミッターそのものを購入しなくても、現代ではスマートフォンやiPhoneを使用することによって、Googleのアプリケーションでトランスミッターをインストールするだけで「トランスミッターの効果」を所有することができます。

Google用アプリケーションにあるFMトランスミッターアプリをそのまままずインストールし、先述しましたように「トランスミッターをメディア接続する際と同じ要領」で電波の送受信設定を行ないます。

これによってラジオ・ステレオ・CM・MD・DVDなどのあらゆるサウンドをそのままダウンロードすることができ、従来のトランスミッターとほぼ同じ効果をもって視聴することができます。ただしインストールアプリによるトランスミッターの場合は、純正品と違い「専用で造られていない」ので、多少音源にノイズが入りやすくなります。

周波数

周波数というのは「特定の電子機器類同士によって処理された電波周波が、規定値の周波数を互いに持ち合わせることにより、その送受信用に設定された音源を正しく聴こえる状態にするためのメディア」となります。

この周波数をきちんと正確に合わせておかなければ、ラジオを聴けない状態と同じく、トランスミッターもその本来の機能を発揮できなくなります。まずアンテナを周囲に置き、電波受信しやすい位置にトランスミッターを設置します。

そして主にデジタル式で表示される周波数をまず「一番低い値」に持っていき、それから次第に上げていく形で「正確に送受信できる周波数」に合わせます。この際、トランスミッターが設置された環境と、たとえば周囲環境にある他の電波と衝突してノイズが入る場合もあるため、混線にも十分注意して設定を行なうことが大切です。

トランスミッターの3

現在市販されているトランスミッターには実に多くの種類があり、それぞれの機種によって用途や分野が微妙に違い、またそれによる性能も変わってきます。トランスミッターはそのほとんどが「電子機器類同士の互換性を高める働きを持つデバイス」となるため、その機種本来の機能は変わりません。

しかし、各機種のトランスミッターを使用する際にも、それぞれのトランスミッターで分けられた使用方法・個別機能・特殊機能などが備えられているため、購入する際にはその辺りの情報をしっかり把握しておき、「自分にとって適当なトランスミッター」を選択することが大切です。

現代で見られるトランスミッターは実に多くのバリエーションが見られるため、「自分が使いやすいトランスミッター」を見つけるのもかなり簡単になるでしょう。

第3位 JAPAN AVE FMトランスミッター

送受信の性能がかなり良好とされるトランスミッターで、主に無線(ワイヤレス)設定のトランスミッターとなりますが、そのワイヤレスによく見られる「ノイズの混入」がほとんどありません。

基本的にブルートゥースで使用しても性能がよい本機種ですが、もちろんUSB接続も可能であり、iPhoneやスマートフォンに接続した場合も高音質の音源を奏でてくれます。音質効果・受信速度と正確さが抜群の機種であるため、かなり需要が高い一品となります。

さらにワイヤレスでもUSBケーブルによる有線の場合でも主に「コンパクト化されている機種」のためにポータブル感の特典もあるため、あらゆる環境において対応できるオールマイティな機種であると言えます。

第2位 iPod用トランスミッター

【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方
※画像はイメージです

主にiPod専用となりますが、その音源は抜群です。特に高音質で聴ける性能の豊かさが本機種の魅力で、FMトランスミッターの音源・音質、またデータ送受信機能のあらゆる側面から見ても、かなり上位にランクインされるトランスミッターとなるでしょう。

本機種ももちろんワイヤレス・USB接続用の有線付きトランスミッターであるため、接続環境・使用環境においてもさまざまな場面で使用できます。また非常にコンパクト化に成功した機種でもあるため、持ち運びにもかなりの利便性が伴います。

第1位 BT66 FMトランスミッター

【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方
※画像はイメージです

本機種の優れた点は何と言っても「ブルートゥース使用下での音源の美しさ」にあり、ブルートゥースの無線適用範囲は規定されたものでも(5メートルから10メートル範囲でも)、その高音質で聴くことができる快適さは他のトランスミッターと比べて抜群です。

主にワイヤレス使用での送受信の正確さが魅力で、特に有線用USBケーブルなどを使用しなくてもよいほど「各種デバイスとの互換性」に優れています。もちろんUSBケーブル使用も可能で、その場合もデータ処理のスピードや高音質の機能を含め、ほとんど最高のトランスミッター機能を発揮してくれます。

さらにリモコンで操作する際の送受信もしっかりしており、ワイヤレスでありつつトランスミッターから離れた場所からでも十分その機能を発揮します。周波数の調節もオート機能があらかじめ設定されているため、誰でも簡単に使いこなせます。

トランスミッターの正確な知識を獲得しましょう

いかがでしたか。今回は「【特徴別】トランスミッター・ノイズの原因・使い方」と題して、「【特徴別】トランスミッター」のご紹介から「トランスミッターのノイズの原因や使用法」についての詳細情報をご紹介しました。

トランスミッターの特徴は何と言っても「デバイス間のメディア効果を発揮しながら、電子機器類同士(デバイス同士)の互換性を促進することにあります。このトランスミッターの効果によって、たとえばスマートフォンで取得しておいた音源をカーナビやカーステレオ用音源に変換し、お気に入りの音楽とともにドライブを楽しむこともできます。

またさまざまなパソコン機器類などと違って、トランスミッターの購入価格は2,000円から3,000円の範囲がほとんどという非常に手ごろな電子機器であることも魅力の1つで、「トランスミッターの効果が今すぐほしい」となった場合でもすぐに用意できる優れ物です。

Related