Search

検索したいワードを入力してください

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー

初回公開日:2018年05月11日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年05月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー」と題して、「タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー」をはじめ、さまざまな用途で使い分けられるタイヤチェンジャーについての詳細情報をご紹介します。ぜひご参照ください。

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー

タイヤチェンジャーとは

タイヤチェンジャーというのは文字どおり、「車両に取り付けられているタイヤを交換する機材」のことで、この車両のタイヤは車種別によってまず変わり、またタイヤそのものの種類によってもサイズや材質などが大きく変わります。

一般的に車やバイクなどのタイヤはこのタイヤチェンジャーを使用して取り換えられることが多く、また研究施設や工場などの特定される公共施設・専門施設においても、タイヤを使用している機材などの多くは、ほとんどタイヤチェンジャーが使用された上でタイヤ交換が行なわれます。

タイヤチェンジャーの利点として言えるのは、まずタイヤの種別や取り付け先の機材などを配慮した上で「正確に交換することができること」と、正確に交換できることによってその後のメンテナンスも実に楽になる上で、さらにその後何年間も使用できるという耐久性も増すことにあります。

タイヤチェンジャーが使われるタイミング

先述しましたように、タイヤチェンジャーを使うことによって「その後何年間も交換しなくても済む」という「正確なタイヤの取り換え」を行なうことによって、タイヤ交換が行われた車両をはじめ、その(タイヤを使用している)機材やタイヤと機材の具合を含め、メンテナンスにも役立てられるという特典を得ることができます。

このタイヤ交換のタイミングですが、まず車両において言えば「空気圧が減少したとき」や「タイヤが何らかの事情によって破損した際」、また「タイヤと車両との接続における不具合が見られた場合」などがタイヤ交換のタイミングとして認められ、その正確な時期を見極めた上でタイヤ交換を行なう必要があります。

その際には必ずタイヤチェンジャーを使用してタイヤ交換を行なった方が効率が良く、その後何年も不調を訴えることなくその車両を使用することができるでしょう。

タイヤチェンジャーのメリット

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

タイヤチェンジャーを使用することの第一のメリットとして、「タイヤを正確に交換できる」という最大の特典があげられ、これは一見「普通のこと」のように見られますが、素人感覚でタイヤ交換を行なう際には必ずと言ってよいほど「正確なタイヤ交換を行なう上での手落ち」が見られることがあります。

これは「タイヤ交換をする手順」をしっかり覚えていても、いざタイヤの取り付け・取り外しを行なう際に微妙な空気圧の差異に気付けず、結局「タイヤ交換する以前と同じような状態」や、または「正確にタイヤ交換を行なうことができなかった上での接続不良・点検不良」などが出てくる場合があります。

これらの不具合・点検ミスをかなり減少してくれるのがタイヤチェンジャーの効果であり、タイヤチェンジャーを使うことによって正確なタイヤ交換を行なうことが可能となるでしょう。

タイヤチェンジャーのデメリット

タイヤチェンジャーを使用する際のデメリットとしてあげられる点は、ただ「たかがタイヤ交換するのに専門工具を使用するのが面倒くさい」や、「タイヤチェンジャーの使用法がわからない」といった、タイヤチェンジャーそのものに対しての知識不足・経験不足などが物を言う形の「使用する上での未経験」があげられるでしょうか。

タイヤチェンジャーを使用した上でタイヤ交換を行なう際には、そのデメリットは一般的に見受けられません。タイヤチェンジャーを使用してタイヤ交換を行なう場合と、タイヤチェンジャーを使用しないでタイヤ交換を行なう場合とを比べてみれば、確実にタイヤチェンジャーを使用した方が効果的と言えます。

タイヤチェンジャーの使い方

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

タイヤチェンジャーを使用する際には、まずタイヤそのものの状態を加工し、「タイヤチェンジャーによってタイヤ交換しやすくするため」の準備することが必要です。まずタイヤとホイールを取り付けているムシ(空気栓)を取り外し、タイヤの空気を抜きます。

そしてタイヤチェンジャーにあらかじめ付いているビートブレーカーで、タイヤに付着しているビードを落としていきます。このビードを落とす方法は、タイヤチェンジャーに取り付けられているレバーを足で踏むだけなので実に簡単です。

そしてターンテーブルにタイヤを乗せてタイヤ全体の状態を確認し、エアーシリンダーでタイヤのチャッキングを行ないます。さらにビードにタイヤレバーを指し込んでビードを外し、ホイールからタイヤを外します。

新しいタイヤをホイールにアタッチメントする

先述でご紹介しましたのが「古いタイヤを外すまでの行程」です。今度は、新しいタイヤをホイールに取り付けます。まず新しいタイヤの内側リム(縁)の部位にタイヤワックスを塗布しておき、取り付けしやすくします。

タイヤチェンジャーに付属しているアタッチメント・ガイドに合わせる形でタイヤをセットし、ターンテーブルを右方向に回してアタッチメントします。そしてタイヤに貼ってある「タイヤの一番軽い部分」に「ホイールの一番重い部分」を合わせる形でバルブ部分を適合させます。

そしてタイヤチェンジャーによってタイヤに空気を入れ、ビードをリム(縁)に入れ込めばタイヤ交換は完成です。この際にタイヤの空気圧が抜けたりする場合があるので、その場合はインフレーターを利用したりタイヤとホイールとを組み直したりし、タイヤ全体の状態を確認しながら空気圧を調整しましょう。

手動式

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

最近において市販されているタイヤチェンジャーはほとんどオート(全自動)によってタイヤ交換を行なうことができますが、中には手動式のタイヤチェンジャーもあり、この場合は少し「タイヤチェンジャー中級者から上級者」でなくては使いこなすことがむずかしくなるでしょう。

手動式の場合は、たとえばタイヤリムからホイール部分を取り外すときのレバーが手動であったり、また空気圧の調整もタイヤ全体の調子を見ながら「手動で空気を入れていく」という方法になります。

扁平

偏平足(へんぺいそく)という言葉がありますが、タイヤにも「低扁平のタイヤ」などの呼称などによる「扁平率」の高低があります。この「低扁平のタイヤ」というのはタイヤのしなりがなくなり、タイヤの分厚さが厚くなるため、さらに加速できるタイヤとなります。

この低扁平タイヤをタイヤチェンジャーを使って交換する場合には、まず「空気圧の調整」がむずかしくなり、タイヤの空気圧を的確に入れることが非常に重要になります。しかしたとえ空気を入れ過ぎたからと言って「タイヤが破裂する」ということは滅多になく、その分タイヤの側面が厚いので、しっかりと空気圧の吸収率も上げられています。

サポートアーム

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

タイヤチェンジャーには「サポートアーム」という付属品が設定されている場合があり、この「サポートアーム」というのは、「タイヤをターンテーブルに乗せた際にタイヤ表面の高低具合の確認」や、またタイヤチェンジャーに取り付けられているバルブや空気を入れるためのチューブとの高低をなくすための、土台の組み換えを行なう効果があります。

このサポートアームが付属されていないタイヤチェンジャーもあり、その場合はタイヤとタイヤチェンジャーとの「取り付け・空気を入れる際・タイヤのムシを外す際」などにやややりにくい状態になるため、可能であればサポートアームが付属しているタイヤチェンジャーを選ぶとよいでしょう。

つまりサポートアームというのは「タイヤ交換を行なう際の、タイヤを固定する器具」となるため、タイヤチェンジャーを使用する場合はとても作業がしやすくなります。

タイヤチェンジャーの価格

気になる「タイヤチェンジャーの価格」ですが、さすがに中型から大型機材となるため、また専門技巧を駆使された車両機器類ともなるため、その価格は安くはありません。一般的に市販されているタイヤチェンジャーの価格で「10,000円前後から500,000円程度」となり、タイヤチェンジャーを購入する場合にはそれなりの予算の準備が必要です。

しかし現在では、このタイヤチェンジャーを新品・中古品として分けて市販されていることが多く、その場合で中古品を購入する場合は30,000円から50,000円程と、市販定価よりもさらに安価で購入することができるでしょう。

それでも「高い」と言う場合は、ヤフーオークションやメルカリなどでも出品されている場合があるため、そちらで購入を検討するのもよいでしょう。ただしヤフオクやメルカリの場合は品質の問題、またどうしても搬送中に傷が付いたりする場合もあります。

タイヤチェンジャーのメーカー

タイヤチェンジャーのメーカーについてですが、このタイヤチェンジャーも多くの販売業者(メーカー)によって市販されています。AUTRY(オートライ)やHAIGE(ハイガー)などのメーカーから販売されているタイヤチェンジャーなどが有名ですが、いずれの場合もその定価はまず「15,000円前後から500,000円前後」といろいろです。

定価よりもその性能・機能、またはどんな付属品があるかや設定機器類はどのような感じか、といったタイヤチェンジャーの設定に注目することが大切で、きちんとタイヤ交換することができるかどうかを確認する形で購入するのがベターです。

アストロ

アストロプロダクツから生産され、販売されているタイヤチェンジャーもかなり有名で、その定価は20,000円台から200,000円台までと、かなりバラエティーに富んだ品ぞろえです。アストロプロダクツ製のマルチ タイヤチェンジャーの場合は、定価が22,000円で比較的誰でも使えるタイヤチェンジャーが多く販売されています。

しかしこの場合のタイヤチェンジャーでは、中には手動識の物が多かったり、あるいはサポートアームが付属されていないタイヤチェンジャーもあるため注意しましょう。しかし現在市販されているタイヤチェンジャーはそのほとんどが上記の設定されているため、購入時に確認することによって簡単にその辺りの情報がわかるでしょう。

エイワ

同じくタイヤチェンジャーメーカーのエイワでは、比較的「大型のタイヤチェンジャー」が多く販売されており、中でも「WING iR20ベーシックモデル 20インチ対応」や「WING iR22スタンダードモデル22インチ対応」は車両所有者の間でも有名です。これらのしっかりとした大型のタイヤチェンジャーを購入する際にも、「リム径」や「○○インチ対応」、また「オプション機器類の設定状態」などを先に確認することが大切です。

定価は200,000円から600,000円以上する場合もあり、これらの機材はほとんど工業用・商業用などの業者専用機器類として取り扱われることが多いですが、現在では顧客が個別で購入する例も増えてきています。

タイヤ チェンジャーの自作方法

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

タイヤ チェンジャーの自作方法についてですが、これはあるていどの専門知識がなければなかなかむずかしい設計となるでしょう。まず「タイヤの中央にある軸穴にとおす用の基軸」を作成しておき、その基軸を中心にしてタイヤが無理なく回るように固定しておきます。この基軸は必ず鉄製の物にしておき、タイヤを回転しても折れないように工夫しましょう。

そしてその基軸のオプション品としてテーブル台代わりに土台を工作しておき、その上でタイヤの状態を確認できるようにしておきます。さらにこの基軸や土台とは別になりますが、酸素缶を用意しておき、その酸素缶を基軸に付け添える形で設置しておきます。この酸素缶は基軸と接続しなくてかまいません。

とりあえずこれでタイヤ交換用のタイヤチェンジャーは完成ですが、とにかくこの場合はすべて手動式となるため、初心者にとってはその使用率に個別性が出てくるでしょう。

タイヤ チェンジャーの修理方法

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

タイヤ チェンジャーの修理方法についてですが、これは素人感覚で行なうよりも専門業者に依頼する方が確実にベターです。まずタイヤチェンジャーの故障部位の確認ですが、この点が素人目ではほとんどわかりません。

単純に「ビートを劣るビートブレーカーの調子が悪い」や、「空気を注入できなくなった」などくらいの変調しかわからないことがほとんどのため、もしタイヤチェンジャーの故障に気付いたら、必ず業者に依頼しましょう。

専門業者に依頼することで、まずタイヤチェンジャーを解体し、その設計部品の1つ1つの機能を確認してくれます。そこでもう一度設計し直してみたところで、まだ機能性に不具合がある場合はそこで改めて点検・修理してくれます。

タイヤチェンジャーの耐用年数

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

タイヤチェンジャーの耐用年数についてですが、これは設置状態・状況や保管状況・環境によって大きく変わってきます。一般的にガソリンスタンドなどに置かれている公共設備としてのタイヤチェンジャーの場合は「7年から10年程度」、そして自動車整備工場などで常用設置されているタイヤチェンジャーの場合は「15年程度」とされています。

簡単なタイヤチェンジャーの方法

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

先述でもご紹介しましたが、タイヤチェンジャーを自家製で作成するとなると機材がまず多く必要になり、さらに1つ1つの必要機材もかなり高額となるため、お手製の場合はかなりその使用範囲が限られます。

一般的に制作されている簡単なタイヤチェンジャーの場合は、まず手動式であることがほとんどであり、さらにサポートアームなどの付属品・オプション品が付いていない場合が多く、実際にタイヤ交換を行なう場合も「空気圧調整」や「ビートを落とす作業」、「タイヤリムとホイールをきっちりはめ込む作業」などが非常に困難になる場合もあります。

タイヤチェンジャー用の特殊工具

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

タイヤチェンジャー用の特殊工具というのは、タイヤチェンジャーを使用する際に併用して使う工具のことを一般的に指し、この特殊工具も、タイヤチェンジャーメーカーが同時に販売してくれていることが多いです。

コンビレンチ/変換アダプター(インパクトレンチの差込角変更用)/AP フォームガン/大型低床バイクリフト/ロックハンドル用穴あきボルト(セットの場合がほとんど)

少なく見てもこれだけの特殊工具は必ず付属品として進められることが多く、これらの付属品を使用することによってさらに効率の良いタイヤ交換を行なうことができるでしょう。

タイヤのサイズ別

タイヤチェンジャーを購入する際・使用する際には、まずそのタイヤチェンジャーが「○○インチのタイヤに対応している」という設定確認をすることが必要で、たとえば車両と言っても自転車もあればバイクもあり、特に車ともなればそのタイヤのインチサイズは大きく違ってきます。

車両だけでも30インチから80までのタイヤサイズが用意されており、これに付随する形で自転車でもバイクでも、それぞれの用途に分かれる形でさまざまなインチが規定されています。

現在において市販されているタイヤチェンジャーの場合は、このタイヤサイズのほとんど対応できる機種が備わっていますが、中には「○○インチから○○インチまで対応」と明記されていることもあるため、その辺りの情報はしっかり確認しておきましょう。

タイヤとホイールとの関係

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

車両であればすべてのタイヤがホイールを使用した上でタイヤ(ゴム製タイヤ)をはめ込んでおり、この際に必要となるタイヤのインチサイズやリムサイズ、またホイールサイズやそのホイールが特殊な物であれば「チャッキングできるタイヤ種別の特定」などもされています。

このタイヤとホイールとの関係(つまり相性)をまず確認することが必要で、その際にまずあげられるポイントが「サイズ」となるでしょう。そしてホイールの直径・横幅によっても「装着できるタイヤ」の種類が限られてくるため、ホイールの詳細情報を先に見ておくことも非常に重要な点です。

タイヤチェンジャーの正確な使い方を覚えましょう

タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー
※画像はイメージです

いかがでしたか。今回は「タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー」と題して、「タイヤチェンジャーの使い方・価格・メーカー」をはじめ、さまざまな用途で使い分けられるタイヤチェンジャーについての詳細情報をご紹介しました。

タイヤチェンジャーは特に「業者専用工具・機器類」としての認識が強いですが、現代では各メーカーによる「すべての顧客が個別で使用できる簡単なタイヤチェンジャー」の市販企画が芽生えてきています。

タイヤチェンジャーの効果は「タイヤ交換を正確に行なうこと」ができ、さらに「一度交換したタイヤはその後何年でも、タイヤの寿命が来るまで使いきることができる」という明らかな成果が認められるため、しっかりタイヤチェンジャーの使い方を覚えておくことによって、愛車の耐用年数も格段に伸ばすことができるでしょう。

Related