Search

検索したいワードを入力してください

トラクションコントロールの方法・仕組み|バイク/雪道

初回公開日:2018年05月15日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年05月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

トラクションコントロールは、ドライバーの補助をしてくれるシステムなため、便利です。しかし、力は欲しい時でもエンジンの回転数を抑制してしまう場合もあります。ここでは、トラクションコントロールの仕組みを紹介しているので、参考にしてください。

トラクションコントロールの方法・仕組み|バイク/雪道

バイクのトラクションコントロールの方法は?

トラクションコントロールの方法・仕組み|バイク/雪道
※画像はイメージです

最近の技術の進歩は速く、さまざまな分野の技術が発展しています。その中でも車などの乗り物に搭載されている機能は日々進化しています。

大人になれば車やバイクを所持する割合が高く、いずれ誰もが手にする乗り物でもあります。そのため、誰でも事故を起こしてしまう可能性も高くなるので、便利な機能が開発され続けています。

車も便利ですがバイクの方が小回りが利くため、さまざまな道を走行することができ、色々な路面の状況でも走ることを求められてもいます。

そのような時にトラクションコントロールが搭載されているバイクなら、より快適に走行することができ、事故が発生する危険性を回避することもできます。

トラクションコントロールは、バイクだけではなく乗用車にも搭載され始めているので、将来的にはどのような乗り物にも搭載される可能性が高いです。

搭載されているバイク

トラクションコントロールが搭載されていることにより、車体が横滑りをすることを未然に防いでくれます。

車の場合のトラクションコントロールも横滑りを軽減することができます。特に横滑りしやすいバイクにも搭載され、横滑りをする可能性を大きく下げることができます。

バイクは車と違い、タイヤの数が二本しかありません。そのため、地面と接している面積が少ないため、横滑りをしやすいです。また、カーブを曲がる際などは、ライダーの体制を傾けることでスムーズに曲がることはできますが、同時に横滑りをしてしまう危険性もあります。

このように横滑りしやすいバイクなため、カーブを曲がる際や雨が降っている場合は、より慎重に運転することが大切です。しかし、トラクションコントロールが搭載されている場合は、自動でタイヤの回転数を調整してくれるので、横滑りを抑制することができます。

状況に合わせて感度を調整する

バイクにトラクションコントロールが搭載されていることで、より安全に運転することができますが、状況によってはトラクションコントロールの機能が邪魔をしてしまう事もあります。

そのため、状況によってトラクションコントロールを使い分けることが必要になります。また、トラクションコントロールの種類によって、感度を調整できるタイプの物もあるので、よく性能を理解して使い分けることが大切です。

高性能なトラクションコントロールの場合は、自動で感度も調整することもできますが、一部でしか普及しておらず、費用もかかるため搭載される割合は低いです。

トクラクションコントロールは、タイヤの回転数を調整することで横滑りを回避することができますが、力が必要な状況では、自動で力を抑制してしまう可能性もあります。そのため、悪路で上手く走ることができない場合は、感度を下げて様子をみましょう。

雪道でのトラクションコントロールの注意点

横滑りなどを防止してくれるトラクションコントロールですが、万能というわけではありません。そのため、トラクションコントロールの性能に頼り過ぎないようにしましょう。

トラクションコントロールの仕組みや性能を理解することで、トラブルを未然に防ぐことができます。トラクションコントロールを使いこなすことで、より快適に運転することもできます。

トラクションコントロールは、さまざまな路面でもタイヤの回転数を調整することができますが、雪道では性能を発揮できないこともあります。そのため、雪が良く振る地域では、トラクションコントロールの機能は不要と考えてしまいますが、路面の状況によって使い分けることで、全く不要の機能とは言い切れません。

また、雪道では効率よく性能は発揮できないこともありますが、雪解けの状態の路面では、スリップなどを防ぐこともできるので、使い分けを上手くしましょう。

スリップする

雨で濡れた道を走行する場合は、スリップしてしまう可能性があります。その原因は、路面とタイヤの表面に水滴が入り込み、タイヤが浮いている形になります。そのため、浮いているタイヤとの地面に接しているタイヤの回転数に違いが表れ、横滑りなどの原因になります。

トラクションコントロールが搭載されている車なら、回転数を自動に調整してくれるので、横滑りしにくくすることはできますが、雪道のスリップでは効果を発揮できないこともあります。

雪道でのトラブルの多くが、スリップ事故です。スリップ事故といえば、カーブなどをハンドル操作が不能になり、対向車や前の車に追突してしまう事ですが、停止している状態からスリップをしてしまい、走行不能になることもあります。

そのようになる原因は、タイヤを冬用に取り替えてない場合もありますが、トラクションコントロールを入れたままでスリップしてしまっていることもあります。

雪道対応が確認する

上記に説明したように、雪道ではトラクションコントロールは性能を発揮できないことがほとんどですが、最近では雪道でも対応することができるトラクションコントロールもあります。

そのため、自分の車に搭載されているトラクションコントロールが雪道に対等できるのか対応できないのかを把握する必要があります。純正で付けられている場合は、購入した店の店員に聞くことで確認することができ、後で取り付けた場合は、説明書に記入されているため、よく確認しましょう。

雪道でも対応することができるトラクションコントロールの場合は、自動で最適の状態で運転することができ、スタートのスリップをしてしまう場合でも、力を出すためにエンジンの回転数を上げることができます。

対応していない場合は、トラクションコントロールを切ることで、自動に回転数を調整されないので、ぬかるみにはまった状態でも抜け出すことができます。

トラクションコントロールをオフにする方法は?

トラクションコントロールは、運転の補助をしてくれ、事故を未然に防ぐことができますが、状況によって使わないほうが快適に運転することができる場合もあります。

技術の進歩は日々進んでいるため、将来はどのような状況でも最適なタイヤの回転数にすることが可能になりますが、現在ではまだそこまでの技術はありません。そのため、状況によって使い分ける必要があります。

スイッチを切る

トラクションコントロールの機能を切るためには、スイッチを押して切ることができます。トラクションコントロールを切った方が良い場合もあるため、手動でも切れるような仕組みにしてあります。

スイッチのボタンでトラクションコントロールを切ることはできますが、車内にあるボタンにトラクションコントロールという文字が書いてあるわけではないので、最初はどのボタンか分からないことも珍しくありません。

車への技術が進歩することで、さまざまな機能を搭載されている車が多くあります。その結果、車内に多くのボタンが設置されているため、車の用語に疎い場合は全てのボタンを把握できていないこともあります。

トラクションコントロールのボタンが分からない原因は、メーカーによって名称が違うためです。そのため、以前と違うメーカーの車を買うとボタンに書かれている文字も変わっているため、分からないこともあります。

トラクションコントロールの仕組み

トラクションコントロールは、常備されつつある機能ですが、仕組みを理解していないことも多くあります。そのため、トラクションコントロールが性能を発揮していることに違和感を感じてしまう事もあります。

トラクションコントロールが搭載されている車を購入する際には、販売員が詳しく説明してくれることが多いため、しっかり確認してそこで理解しておくことが重要です。

車の知識に疎い方は、車の専門用語で話されても理解できないことがほとんどで、相槌で済ませてしまう事もあります。また、便利な機能という簡単な認識ですませてしまう事もあるので、ドラブルが発生した時に正しい行動ができないこともあります。

特にトラクションコントロールは、ドライバーの任意のアクセルとは異なり、自動で調整しようとするため、アクセルをいくら踏んでも回転数が上がらない状況になり、故障してしまったと誤解することもあります。

システム管理されている

トラクションコントロールは、さまざまな機能がシステムで管理されているため、多くの状況に自動で対応することができるので、ドライバーにとってはありがたい機能です。

上記でも説明しましたが、自動で判断してエンジンの回転数を調整してしまうので、状況によっては正しくない回転数にしてしまうこともありますが、特定の条件下でしかそのような不具合はでません。

整備された公道を主に走行する場合は、不具合が起こることはなく、ドライバーの運転を手助けしてくれます。そのため、公道を走る際は、トラクションコントロールのスイッチを入れておくことが大切です。

タイヤの回転数を検知する

トラクションコントロールがどのようにタイヤの回転数を調整しているか把握いていない方が多くいるのではないでしょうか。把握をしていれば、エンジンの回転数が上がらない原因に気付くことができ、正しい行動を取ることもできます。

その結果、トラブルが発生しても焦ることがないので、トラクションコントロールの仕組みを理解することは重要なことです。

タイヤの回転数を同じにすることで横滑りを抑制することができますが、そのためには駆動輪のタイヤの回転数を検知しなければなりません。

回転数を同じにするためには、回転数が違う事をまず感知することがまず必要になるため、最も重要な機能です。この機能が無ければ、エンジンの回転数を上げればいいのか下げればいいのか判断することができないので、トラクションコントロールをすることはできません。

エンジンの回転数を調整する

タイヤの回転数にばらつきがある場合は、スリップなどが起きる前兆なため、そのまま速度を上げることは危険な行為です。しかし、ドライバーが直接タイヤの回転数の違いを認識することは困難で、違和感に気付いた時は手遅れにな場合がほとんどです。

そのため、トラクションコントロールが搭載されていな車では、横滑りをしてしまう状況を把握して、自分でアクセルを調整する必要があります。

一方トラクションコントロールが搭載されている場合は、システムがタイヤの回転数に異常がある場合は、エンジンの回転数を下げ、速度を落とします。

トラクションコントロールが作動している時は、ドライバーがアクセルを踏んでもエンジンの回転数は上がることがないので、速度を上げることもできません。その結果、横滑りする危険性を回避することが可能です。

全てのタイヤの回転数を同じにする

上記で説明したようにエンジンの回転数を調整することで、タイヤの回転数を正常になるまで戻すことができます。

車が正常に走行している場合は、タイヤの回転数はどれも一定になりますが、どこかのタイヤだけ回転数が違う場合は、そのタイヤに異常が起きている可能性があります。

車の心臓部分はエンジンですが、走行するためにはタイヤのパーツは重要な役割を果たしています。そのため、異常が発生するとドライバーのコントロールを直接タイヤに伝えることができなくなり、事故に発展することもあります。

安全に走行するためには、タイヤの回転数をいかに均等にする必要がありますが、ドライバーが肌でその感覚を掴むことはほぼ不可能です。そのため、トラクションコントロールを活用して、事故を未然に防ぐことが重要です。

f1でのトラクションコントロールの仕組みは?

トラクションコントロールの方法・仕組み|バイク/雪道
※画像はイメージです

一般の車やバイクにトラクションコントロールが搭載されていますが、f1などのレーシングカーにも搭載されている時期もありました。

しかし、最近に復活して賛否両論の意見がでていました。f1に搭載されているトラクションコントロールの機能も一般車に搭載されている同じ構造なため、同じような性能を発揮することができます。

以前は禁止されていた

昔は、レーシングカーにトラクションコントロールが備え付けられていた時代もありましたが、少しの期間で禁止された歴史があります。禁止されていた理由は、トラクションコントロールを搭載している場合としていない場合ではスピードに大きな差がでるからです。

レーシングカーの楽しみ方は、いかに他の車より早くゴールにたどり着けることを目的としているため、スピードが最も大切なポイントになります。レーシングカー自体の改造の仕方はもちろんですが、ドライバーの腕によってタイムの違いが大きく表れます。

上記の説明を聞くとトラクションコントロールを付けて速度を出すことは良いことのように思えますが、ドライバーの力量ではなく、システムによる補助の力が大きく関わってきます。

その結果、システム同士の競争になる可能性があるため、f1の車体にトラクションコントロールを搭載することを禁止していた時期もあります。

トラクションコントロールの警告灯について

トラクションコントロールの警告灯が付いてしまった場合は、速やかに整備会社にいって点検してもらう事が必要です。車はさまざまなシステムや機能が備わっていると同時に、それだけドラブルが発生してしまう事も多くあります。

車にトラブルはつきものですが、トラブルが発生した時にいかに行動するかによってその後の結果も変わってきます。また、いかに早く異常に気付けるかも大きな要因になります。単純な仕組みの異常は気付きやすいですが、複雑なシステムが組み込まれている場合は、小さな異常に気付きにくい傾向があります。

発見が遅れればシステム自体が破損してしま危険性もあるため、少しの異常がある場合は警告灯でドライバーに知らせることがほとんどです。そのため、警告灯が光るとできるだけ早く整備会社に行くことが大切です。

表示が分かりにく

車にはさまざまな異常を知らせてくれる警告灯が備え付けられていますが、たくさんの警告灯があるため、マークなどで異常を知らせてくれる場合がほとんどです。

マークの意味を理解することができれば、車のどのパーツに異常が発生しているか理解することができますが、マークの意味を理解できていないと、どのような異常が発生しているか把握することができません。

そのため、トラクションコントロールの異常を警告灯で知らせてくれているにも関わらず、ドライバー本人がどこに異常があるか把握できていないこともあります。

また、警告とは無音で点灯することもあるため、警告灯が点灯していること自体に気付いていない場合もあります。最近では、音声で知らせてくれる車種もありますが、まだまだ無音で点灯する割合が高いです。

警告灯が点灯してもすぐに動かなくなる心配はありませんが、早めに修理してもらう事が大切です。

トラクションコントロールは後付けできるのか?

トラクションコントロールが純正で取り付けられていることもありますが、高級車に限られている割合がまだあるため、軽自動車などには取り付けられていないことがほとんどです。

しかし、トラクションコントロールは、ドライバーを補助してくれる機能なため、軽自動車のドライバーも利用したいと考えている人は多くいます。そのような方のためにトラクションコントロールを後付けできるため、多くのドライバーが利用することができます。

オートバイはできない

軽自動車なバイクにトラクションコントロールを取り付けることは可能ですが、オートバイには取り付けれるトラクションコントロールはありません。オートバイは、そこまで速度を出すことをできないため、トラクションコントロールが不要になる可能性があるからです。

トラクションコントロールを有効に使おう

トラクションコントロールは、自動でエンジンの回転数を調整し、タイヤの回転数一定にすることができます。そのため、横滑りなどを抑制することができます。

トラクションコントロールを利用することで、正確なエンジンの回転数にすることができるため、アクセルを踏みすぎた場合でも、事故に繋がる可能性が下がります。

安全に車を運転するためには、トラクションコントロールを有効に使いこなしましょう。

Related